緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 栄養

タグ : 栄養

老化の進行を遅らせる!ビタミンEで緑内障予防。若々しくいたい方へ

ビタミンEを摂取し、身体の老化(酸化)を防ぎ、老化により発症確率の上がる緑内障対策を行いましょう。ビタミンEは、アーモンド、うなぎ、かぼちゃ等に含まれています。緑内障の発症と進行には加齢=身体の老化が影響しています。ビタミンEは強い抗酸化作用を持つビタミンのひとつで、様々な害を与える活性酸素から体を守る効果があります。もともと人の細胞膜を構成している脂質には不飽和脂肪酸が多いのですが、これが酸化されると、過酸化脂質とよばれる有害な物質が発生して、細胞が傷つけられてしまいます。その対策として、ビタミンEが保有されており、細胞の酸化を防ぐのに効果的です。

ビタミンCが緑内障に効く3つの理由とは

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。その抗酸化力で、活性酸素の増加を抑えて老化を予防するほか、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など心臓血管系の病気の予防に役立ちます。コラーゲンを合成する働きもあり、コラーゲンは血管や皮膚、粘膜の強化に役立つため、目の粘膜を健康に保つために有効です。また、ビタミンCは、その高い抗酸化作用の効果として、水晶体の濁りや酸化を抑制し、活性酸素が原因の、白内障の予防効果があるといわれています。ブロッコリー、果物を食べて、緑内障発症の確率を上げる老化を予防しましょう。 解説:抗酸化力で、活性酸素の増加を抑えて老化を予防するビタミンC。

【老化予防】コエンザイムQ10がなぜ緑内障に効くのか

コエンザイムQ10は、体内のエネルギーをつくるために必要となる補酵素のひとつです。様々な生命活動の原動力を生み出すほか、生活習慣病や老化の予防に役立つといわれています。強い抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素によるダメージから体を守る働きがあります。牛肉、いわし、ほうれんそうを食べて、緑内障発症の確率を上げる老化の予防に取り組みましょう。コエンザイムQ10は、同じく抗酸化ビタミンであるビタミンEの働きを助ける性質も持っています。一日の推奨量は、50~100mgですが、個人の年齢や健康状態とその方の腸の吸収力によって異なります。

αリポ酸がなぜ緑内障に効くのか

レバーとほうれん草を食べて、αリポ酸を摂取しましょう。目の細胞が酸化されるのを防いでくれます。解説:緑内障の発症と進行には加齢=身体の老化が影響しています。αリポ酸は、体をつくる約60兆個もの細胞ひとつひとつに存在し、生きていく上で必要なエネルギーをつくり出すために欠かせない成分です。疲労感や肌の衰えといった老化現象の一因となる活性酸素から細胞を守る働きがあります。他にも、αリポ酸は、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症や白内障を予防する効果があると言われています。一日の推奨量は、200-300mgです。

緑内障に効くゼアキサンチンとは?

ゼアキサンチンはヒトの目の網膜に存在し、目の健康維持に深く関与していると言われる成分です。紫外線などが原因で目が酸化することを防ぎ、網膜を保護する働きがあります。もともと人間の体内に存在する成分ですが、体内で合成することはできず、黄斑部がダメージを受けることによってどんどん消費されていきます。黄斑変性症や白内障のような、加齢によって起こり得る眼病はルテインやゼアキサンチンが体内から不足することも一因になると考えられています。ほうれん草などの緑黄色野菜やパパイヤなどから摂取して、目を元気にしてあげましょう。

ルテインの緑内障改善や目への効果について

天然のサングラス「ルテイン」の作用や様々な眼病への効果に関する実験データなどをまとめています。上手な摂取方法などもご紹介します。活性酸素を除去する働きから、黄斑変性症や白内障、緑内障など加齢による目の病気に対する予防・改善効果が期待されるルテインを活用しましょう。

【まとめ】眼のレンズの調整力をサポートする7つの栄養

目のピント調整の機能を助ける栄養は7つあります。それが、アスタキサンチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、クロセチン、ナイアシン。たとえば、玄米や豚肉、ヨーグルト、納豆、アーモンド、卵、たくあん等に含まれます。同時に眼筋を鍛えましょう。目の周辺の筋肉も、他の筋肉と同じように、年をとるにつれて衰えますし、鍛えれば成果をあげます。いわゆる視力回復トレーニングでも、眼筋を強化し、目の血流を改善し、脳を刺激することで、視力を回復しようとします。衰えた筋肉も、鍛えれば成果をあげるように、目の筋肉も例外ではありません。筋肉を鍛えて、補助する栄養をとり、血流を改善し、目を元気にしましょう。

ナイアシンの働きとは?目の粘膜を守りたい人に

ナイアシンは、目の粘膜の健康維持を助けます。かつお、鶏レバー、きのこ類を食べて、目を元気にしてあげましょう。解説:ナイアシンは、酵素を助ける役割を担っています。ナイアシンはビタミンB群のひとつで、エネルギーを作り出すときや、酵素を助ける役割を担っています。皮膚や粘膜の健康維持を助けるほか脳神経を正常に働かせる効果があります。また薬として投与することで、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、動脈硬化などの脂質異常症を防ぐ働きがあります。

光によるダメージから目を守るクロセチン

クロセチンは、クチナシの果実やサフランに含まれる黄色の天然色素で、強い抗酸化力と優れた抗炎症作用を持ちます。眼精疲労を改善したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善に効果的な成分です。毛様体筋の疲労改善効果が、実験でも確認されており、クロセチンが持つ抗酸化作用と抗炎症作用が、毛様体筋の栄養を支える眼球内の微小循環に影響を与え、眼精疲労が緩和されるのではないかと考えられています。* 毛様体筋は目の水晶体を調整する筋肉で、近くを見るときは収縮し、遠くを見るときはゆるみます。近くを見続けると、毛様体筋の収縮した状態が続いて疲労が蓄積され、血流が悪くなり、眼精疲労や目の病気、肩こりや頭痛の一因となります。また、通常眼球はデリケートなので不純物や異物が内部に入り込まないように保護されており、ルテインのように眼球内に元々ある成分は吸収されやすいが、一部の抗生物質などは目の中に入ることができません。クロセチンは目への親和性が高いという特徴があり、すばやく吸収されてその作用を発揮します。そして、クロセチンは光によるダメージから目を守り、さらには加齢黄斑変性症などの網膜障害を予防する可能性が示唆されています。

ビタミンB12がなぜ緑内障に効くのか

ビタミンB12と緑内障の関係について。ビタミンB12はビタミンB群の一種で、悪性貧血の予防や神経の働きに不可欠な栄養素です。DNAやたんぱく質の合成の調節や補酵素として様々な代謝に関わっています。神経の働きに不可欠なため、視覚情報をスムーズに伝えるのに必要です。不足すると、角膜や結膜に炎症が起こります。微生物により生成されるので、植物性食品にはほとんど含まれておらず、そのため、菜食主義者 (ベジタリアン)の方は、意識して摂取する必要があります。

« 1 2 3 »

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら

PAGETOP