緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障の手術について

緑内障の手術について

手術には、次のようなものがあります。
薬物治療やレーザー治療によっても、十分な眼圧下降等の効果が得られない場合に行われます。

濾過手術
・全層濾過手術
・線維柱帯切除術
・非穿孔性線維柱帯切除術
・チューブシャント手術

房水流出路再建術
・線維柱帯切開術
・隅角癒着剥離術
・隅角切開術

瞳孔ブロックを解消する手術
・周辺虹彩切除術

毛様体破壊術

濾過手術について

強角膜輪部に孔をあけて、前房と結膜下組織の間に房水の流出路を作ります。
最も重篤な合併症として濾過胞からの晩期感染があります。

全層濾過手術

強膜弁を作製せず、前房から結膜下への直接的な房水流出路を作ります。
線維柱帯切除術などと比較して、濾過量のコントロールが困難だったり、浅前房などの合併症が多いため、一部のきわめて難治な症例に限って行われます。

線維柱帯切除術

原発開放隅角緑内障と正常眼圧緑内障で行われます。

結膜を切って、その下の強膜を薄くはがして隅角に向かって孔をあけます。
はがした強膜と結膜をかぶせて縫い合わせ、房水の新しい排水路を作ります。
現在、最も一般的な緑内障手術です。

術後に房水の流れ具合を見て、縫合部位を再度広げるか、さらに縫合するかして排出量を調整し、眼圧をコントロールします。
レーザー切糸術によって術後の眼圧調整が可能になったため、低眼圧などの過剰濾過による合併症も減少しています。
多くの場合、長期にわたって、眼圧をコントロールすることができます。

排出された房水は周辺のリンパ組織から吸収される仕組みです。

非穿孔性線維柱帯切除術

強膜弁下に一部の組織を切除して、前房に穿孔しない房水流出路を作ります。
線維柱帯切除術と比べて、合併症は少ないのですが、眼圧下降効果はそこまで高くありません。

チューブシャント手術

専用のインプラントを用いて前房と眼外の間に新たな房水流出路を作ります。
線維柱帯切除術が失敗した場合等に行われますが、日本では医療器具として最近その一部が認可されたばかりで、まだあまり使われていません。

線維柱帯切開術

軽度の原発開放隅角緑内障でよく行われます。

術後の合併症のリスクは少ないのですが、眼圧を下げる効果も少なく、正常眼圧緑内障ではあまり効果がないと言われています。

結膜と強膜をはがして、シュレム管から器具を入れて目詰まりしている線維柱帯を切開してから、再び結膜と強膜をかぶせて元に戻します。
これで排水路が再開し、房水が流れるようになります。

隅角癒着剥離術について

原発閉塞隅角緑内障では、虹彩と水晶体がほぼ接触しています。
この状態だと房水が前房に流れ込めず、後房にたまります。
すると房水が虹彩を圧迫して隅角が狭くなり、房水の排水路がふさがれてしまうので、通常はレーザーで虹彩に孔をあけ、後房にたまった房水をシュレム管から排出します。

しかし、レーザー治療は隅角が完全に癒着してしまうと治療できません。

完全に癒着してしまった場合は、癒着をはがす「隅角癒着剥離術」を行います。
(=虹彩が隅角に癒着している部分をはがします)
水晶体が前方に移動して隅角をふさいでいるときは、水晶体を摘出して眼内レンズを入れることもあります。

白内障手術との同時手術がより効果的と言われています。

隅角癒着解離術

閉塞隅角緑内障において、隅角癒着を解離して、生理的な房水流出路からの房水流出を促進して眼圧下降を得る手術です。

隅角切開術

発達緑内障において行われます。

隅角レンズで観察しながら、角膜から刺入した切開刀で前房側から隅角を切開します。

周辺虹彩切除術

原発閉塞隅角緑内障など瞳孔ブロックが原因の緑内障において行われます。
周辺部虹彩を切除することで、前後房の間の圧差を解消します。
レーザー虹彩切開術が普及して、現在はあまり行われていません。

毛様体破壊術

毛様体を凝固して、房水産生能を抑制することで眼圧を下降させます。
レーザー装置の普及以来、あまり行われていません。

また、疼痛が強く眼球癆など合併症が多いため、眼圧下降の最終手段とされています。

緑内障手術後の注意点

緑内障の手術を受けた後、どんなことに注意をしたらいいでしょうか。

まず緑内障は一生の病気と腹を決め、気長につきあうことが必要です。

手術は成功しても長期的に眼圧が安定し続けるかどうかはわかりません。
従って、定期的に眼科を受診して経過観察をするようにします。

視野の欠損が広がっていないか、眼圧が適切にコントロールされているか、チェックを受けましょう。

術後の点眼薬は生涯継続します。

手術後は、基本的には普段通りの生活を過ごします。

気をつけたい行動は:
・イライラを避ける
・ストレスを避ける
・うつむいた姿勢を避ける
・カフェインを含むもののとりすぎを避ける
・ステロイド薬の長期使用を避ける
・水を急にたくさん飲まない
・暗いところで長時間物をみることを避けます
(瞳孔が開くと房水が流出しにくくなるため)


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP