子供の緑内障(発達緑内障)について

先天性緑内障は、生まれつき隅角に発達異常があり、眼圧が上昇することが原因で起こります。

・生後1歳までに発症するものが、「早発型発達緑内障」
・隅角の異常が軽度で10-20歳代になって発症するものが、「遅発型発達緑内障」
・他の先天異常を伴う発達緑内障
の3つに分類されます。

原因は、はっきりとわかっていません。
(ある遺伝子の変異が認められているようですが)

子供の緑内障で見られる症状

次のような症状が見られた場合、眼科医に相談しましょう。

・光を極端にまぶしがる
・まぶたがピクピクけいれんする
・黒目の割合が多い
・黒目が白く濁る
・涙が多い

早発型発達緑内障について

生まれつき隅角に発達異常があり、起こります。
隅角だけでなく、虹彩発育異常による軽度の低形成などを合併することもあります。
また、いわゆる牛眼と呼ばれていた角膜径増大や角膜混濁などの病態となることも多くあります。

遅発型発達緑内障について

隅角に生まれつきの形成異常がありますが、程度が軽いため, 発症時期が遅れるタイプです。

他の先天異常を伴う緑内障について

無虹彩症、スタージ・ウェーバー症候群、ペータース異常、神経線維腫などに伴う発達緑内障があります。