中途失明の原因第1位の緑内障

緑内障の早期発見のために
 

クロックチャートで緑内障のセルフチェック

緑内障は、日本において、
中途失明の原因第1位であり、
緑内障の早期発見・早期治療の
重要性が叫ばれています。

その重要性を啓発する活動の一つとして、
近畿大学医学部眼科学教室教授の
松本長太氏により開発された
「クロックチャート」が
注目されています。
 

クロックチャートを利用するには。

このクロックチャートは、
ファイザー株式会社のサイトから
無料でアクセス可能です。

http://www.pfizer.co.jp/pfizer/healthcare/disease/eye_001.html

自宅で簡単に視野が欠けていないか
チェックができるので、
特に緑内障の発症リスクが高くなる40歳以上の方は、
将来の大切な視力のために
定期的にセルフチェックを行うことが
薦められています。
 

緑内障による視野欠損は、初期の段階では自覚症状はありません。

40歳以上の日本人約20人に1人が、
緑内障を患っていると言われています。

その中でも、
視野欠損を起こすタイプの
正常眼圧緑内障は約7割を占めています。

緑内障になると、
視野が狭くなる視野狭窄や、
部分的に視野が欠ける視野欠損といった
視力障害が起きますが、
初期の段階では自覚症状はほとんどありません。

このために緑内障が進行してから
発見されることが多いのですが、
このクロックチャートを使って
早期発見できるのではと
期待されています。

皆さんもぜひ
チェックしてみてください。