東洋医学による緑内障の原因とは。

緑内障の原因
 

腎と肝の気の滞りと考えられる理由についてまとめています。

東洋医学では、
体に不調が起きたとき、
その部分だけに注目するのではなく
体全体の不調和が
その部分に現れたと考えます。

緑内障も、
単なる目の器官の不調ではなく、
「腎の気」と
「肝の気」の
滞りと見なします。

以下、詳しくご紹介します。
 

なぜ東洋医学では、緑内障は、「腎」と「肝」の気の滞りと考えるのでしょうか。

緑内障は、
「目の中の水はけ」が
悪くなって起こるという
考え方があります。

シュレム管
(目の中の水分の排出口)に、
周囲のひだ状の組織が
たるんでおおいかぶさると、
目の中の水はけは悪くなります。

水分の逃げ道がふさがれると、
眼圧が高まって
緑内障は進行します。

ひだ状の組織のたるみには
老化が関わっていることから、
老化と関係のある
腎の気の滞りが
緑内障を招くと
東洋医学では考えます。

 

肝の気の滞りが、緑内障を招くと考えられる理由について。

また、人は視覚から得る情報に
頼る部分が大きく、その分
目は大変な重労働を
課せられています。

それだけ、目は
たくさんの栄養を必要とします。

そのため、栄養源である
血液を貯蔵する「肝」と
密接につながっていると
東洋医学では考えるのです。

 

東洋医学による、緑内障への対策方法。

そこで、
目の健康を守り、
機能を正常な状態に保つために、
腎の気と肝の気の流れを
スムーズにしよう、と
東洋医学では考えます。

具体的な体質改善方法は「体質改善方法」の箇所でご紹介させていただきますが、
ここでは、
腎と肝が関係するという考え方を
ご紹介させていただきました。