ゴボウで身体を温めて、血流を改善して緑内障対策

ゴボウで身体を温めましょう。

ゴボウで緑内障予防
 

血流改善で、緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 ゴボウで身体を温めて
 血流を改善して、
 緑内障の進行を予防しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

また、血流を改善することで、
新陳代謝を活発にすることができ、
視神経の強化につながります。

血流の改善を考える際に、避けたいのが、身体の「冷え」です。

そこで今回は、料理の食材として知られる、ゴボウに隠された健康成分と、身体を温める効果をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ゴボウとは?

ゴボウはユーラシア大陸原産のキク科の植物です。

私たちには食べる野菜としてお馴染みですが、ゴボウを食用にしているのは日本と朝鮮半島だけといわれています。

原産地では野生種を薬用として用いられ、漢方では風邪や皮膚疾患の民間薬として使われてきました。
 

ゴボウに含まれる成分。

薬用効果の高いゴボウには、次のような成分が含まれています。

食物繊維・サポニン・リグニン・ビタミンE・ビタミンC・カリウム・マグネシウム・ミネラル・アルギニン・ポリフェノールなど。

ゴボウの主成分は炭水化物になります。

ゴボウ特有の風味と歯ごたえには、腎臓機能を高めるイヌスリンが含まれ、豊富な食物繊維は便秘解消効果が高いです。

また、リグニンには腸内の有害物質を排除する作用があり、大腸がん予防の効果があるとされます。
 

ゴボウの身体を温める効果。

優れた成分を含むゴボウは身体を温める効果も高いです。

豊富に含まれるポリフェノールやビタミンCとビタミンEは、血行を促進する作用があります。

食物繊維の働きも加わり、身体の冷えを引きおこす原因の便秘を解消して、体温を高めることにつながります。

また、サポニンには血栓を予防して血液をサラサラにする効果と滋養強壮効果があり、体温を高めるとともに免疫力アップに期待ができます。
 

サポニンの効果。

サポニンはゴボウの皮に含まれるポリフェノールの一種です。

体温を上げる作用のほかに抗酸化作用に優れ、アンチエイジング効果も注目されています。

他にも、余分な脂肪の分解と排泄を助ける血液浄化作用や、滋養強壮、創傷治癒力を高めます。

血栓をできにくくする作用から、脳疾患・心臓疾患の予防にも効果があるとされています。
 

ゴボウ茶の作り方。

ゴボウの栄養分を効果的に摂るためには、皮に含まれるサポニンを逃さないゴボウ茶がおすすめです。

ここでは、家庭で作れるゴボウ茶のレシピをご紹介いたします。

1. 国産のゴボウ(泥付き)を1本用意して、皮を残すようにタワシでこすり洗います。

2. 皮をつけたまま包丁かピーラーでささがきします。

3. ゴボウを水で洗います。ゴボウのアクにも栄養分が含まれていますので、短時間で水を切ります。

4. ザルや新聞に広げて2~3時間天日干しします。(冬は4~5時間)

5. 天日干し後、油なしのフライパンで10分ほど空煎りします。パリッとなったらOKです。

6. 冷めたら完成です。密閉できる容器で保存しましょう。

でき上がったゴボウ茶は、やかんや鍋で2Lの水に対し大さじ1杯を目安に、煮出して飲みます。

急須で作る場合は、ゴボウ茶を少し多めに入れて3分ほど蒸らすと出来あがりです。

身体を温めるゴボウ茶をぜひお試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

アンチエイジング効果も高いといわれるゴボウ。積極的に取り入れたいですね。