【視神経は回復できる?】緑内障の視野欠損を回復するツボ「還晴」

視神経のツボ治療で、緑内障で視野欠損した視神経を回復!?

これを食べましょう
 

緑内障による視野欠損・視神経を回復させるといわれるツボ「還晴」があります。

本日は、「ツボを押す」ことで、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「視神経を強化する改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 還晴というツボを押してください

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

緑内障の視野欠損・視神経回復のツボ「還晴」の位置・場所。

ツボの位置・場所は、腕の側面(外側)にあります。

肩の付け根とひじの、ちょうど中間部分です。
押して、少し痛いところを探してみてください。

位置・場所がわかりにくい、という方への補足です:
気をつけ、の姿勢をした状態で、耳から中指を一本線で結んだところの、「肩とひじのちょうど中間」あたり、となります。
非常にたとえが悪くて恐縮ですが、気をつけ、の姿勢をした状態で、誰かに、がしっと体をつかまれた際に、触れるあたり、または、冷房の効きすぎた部屋で、自分自身を抱きかかえるようにさすって、温める際に、触れるあたり等の表現でも、念のため補足させていただきます。

1回4秒、15回を目安に、人差し指・中指やペン先で差し込むように刺激してください。
 

本当?視神経のツボ治療で視野を回復。

緑内障で一度欠損した視野の回復と完治は
難しいと言われています。

しかし、中国で眼病の鍼治療を行う中で発見された、
緑内障の人が光を取り戻すためのツボがあるそうです。

(真偽はともかく、試す価値はあるように思います)

それが「還晴(かんせい)」というツボです。
鍼治療を受けられない人は、指で押してみましょう。
 

視神経回復のツボ治療:還晴の位置・場所や押し方。

ツボの場所は、腕の側面にあります。

肩の付け根とひじの、ちょうど中間部分です。
押して、少し痛いところを探してみてください。

1回4秒、15回を目安に、
人差し指・中指やペン先で差し込むように刺激してください。

還晴のツボに加え、目の周りのツボの刺激も行うと、
目の血液の循環がよくなり、
さらに効果的だと思われます。
 

「視野欠損が治った?」緑内障社長の一言コメント

視野欠損の回復をうたう鍼治療に、かなりの金額を費やしたことがありますが、治療直後に視界がクリアになったように感じることはあっても、視野検査ではっきりと回復がわかるほどの効果は得られたことはありません。
(検査のたび、誤差の範囲で、多少視野が良好という結果となったことはありますが)
視野回復を願うより、これ以上視野欠損が進行しないように、という予防効果を願って、ツボをおす方が良いのではないかと考えております。
また、ツボおしだけでなく、当サイトでは、治療・体質改善・栄養という3つの対策で、緑内障に総合的に対処することを提唱しています。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。