【若々しく】血管(動脈)マッサージで、緑内障対策!

 

緑内障対策に、血管(動脈)マッサージ

YUKA160322000I9A4287_TP_V
 

動脈マッサージが、全身の血流を改善します

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 皮膚の上から
 骨や筋肉をゆさぶるように
 マッサージしてみましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

今日は、「血管(動脈)マッサージ」
を行なってみましょう!
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

血管(動脈)マッサージのやり方

皮膚の表面をこするのではなく、
皮膚の上から
骨や筋肉をゆさぶるように
マッサージします。

動脈は骨と筋肉、
筋肉と筋肉の間など、
深いところを通っています。

動脈と血管拡張神経を刺激するため、
表面への刺激ではなく、
その奥の骨や筋肉を
ゆさぶるつもりで、
マッサージしましょう。

具体的には、
手のひらを皮膚に強く密着させ、
骨と皮膚、骨と筋肉を前後左右に
できるだけ強く動かす
ようにしてください。

マッサージの順番に
決まりはありません。

ただ、順番を決めておくと、
全身くまなく行えます。

たとえば、
頭、顔、首、肩、手、胸、腹、
背、腰、の順番に、
ゆさぶってみてください。

全身で10-15分くらい
が時間の目安です。
 

緑内障の予防・改善には、目の周りの血液循環を良くすることが大事です。

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

そこで、毛細血管や血液の成分を、
良好な状態に保つことによって、
目の機能を高めたり、
緑内障の改善が期待できます。

他にも、全身の血液循環を
良くすることで、
体の中のすべての細胞を
若々しく保つことが可能です。

そのための一つの方法が、
本日ご紹介した「血管マッサージ」
という方法です。

血流を改善し、
新陳代謝を活発にして、
視神経を強化していきましょう!
 

緑内障社長の一言コメント

身体もあたたまり、気持ち良いので、ぜひお試しください。