眼圧と飲酒の関係について。

お酒と緑内障
 

緑内障の方が飲酒を楽しむための4つのポイント。

本日は、「過度の飲酒を避けること」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「眼圧を下げる改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 お酒の飲み過ぎに
 注意しましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

日々のストレス解消や気分転換に、
適量のお酒を飲む分には
問題はありません。

しかし、
過度の飲酒は
眼圧の上昇を促します。

百薬の長とも言われるお酒ですが、飲み方を間違えると健康を損ねる大きな原因になります。

「お酒は飲めども飲まれるな」と言われている通り、お酒の健康効果を得たいのであれば、上手にお酒と付き合っていく事が大切です。

特にお酒には、血管を拡張する作用があり、少量を飲めば、血流改善に一役買う事ができます。

今回は、お酒の良さを引き出すためのポイントについてお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

適度なお酒の摂取量の目安。

適度なお酒の摂取量の目安(1日)は

・ビール:中びん1本500ml
・清酒:1合180ml
・ウイスキー:ダブル60ml
・焼酎:0.5合90ml
・ワイン:120-240ml

です。
 

その他、飲み物と眼圧の注意点。

また、飲み物を一気に飲むと、
眼圧が急上昇する恐れがあります。
(お酒に限りません)

その他、大声を出す、
うつぶせで寝る、なども
眼圧を上げるので
気を付けましょう。
 

解説:お酒の飲み過ぎの弊害。

過度の飲酒は
眼圧の上昇を促します。

それだけでなく、飲み過ぎは、
アルコール分解の際に体内で
活性酸素が発生させ、
細胞の酸化が促されますので、
緑内障の進行・発症上も
良くありません。

また、寝酒は睡眠の質を下げます。

飲んで、酔っぱらって、
そのまま寝てしまうことで、
点眼を忘れる恐れもあります。

また、
お酒で食欲が増して
カロリーをとりすぎてしまうと、
血液の状態が悪くなり、
視神経に十分栄養が届かない、
という事態も考えられます。

お酒とは、
上手にお付き合いください!

 

お酒と上手に付き合うための4つのポイント

お酒と上手に付き合うポイント1. 割って飲む

いくら体に良いからと言って、高いアルコール度数のお酒をそのまま飲む事はおすすめできません。

アルコール度数の高いお酒は、肝臓に大きな負担を与え、胃腸を必要以上に刺激してしまいます。

また、アルコール分解のために多量の水分が使われ、脱水症状に陥る危険性もあります。

せっかくお酒で血管を拡張できても、血液が水分不足でドロドロになってしまっては本末転倒です。

濃いお酒を飲む時は、水やお湯で割って飲むようにしましょう。

お酒と上手に付き合うポイント2. チェイサーを取り入れる

それでも、どうしてもお酒を割って飲むのが嫌だという方は、チェイサーを取り入れてみてください。

チェイサーとは、お酒と一緒に飲む、水やお茶などのノンアルコール飲料の事を指します。

お酒と水を交互に飲む事で、胃腸の負担を和らげると同時に、脱水のリスクを回避する事ができます。

お酒と上手に付き合うポイント3. 食事と一緒に飲む

お酒と一緒におつまみを食べる方も多いですよね。

実は、おつまみは健康的にも理にかなっているんですよ。

空腹の中、お酒単独で飲んでしまうと、どうしても胃の粘膜が傷ついてしまいます。

また、お酒のペースも早くなり、結果的に飲みすぎてしまうのです。

お酒を飲む時は、食事を一緒に摂るようにしましょう。

お酒のお供として最適なのが、アルコールによって喪失しやすいミネラルやビタミンを豊富に含む野菜、肝臓の働きをサポートするタンパク質、胃の粘膜を保護する牛乳やチーズなどです。

サラダに卵焼き、お豆腐、枝豆などがおすすめですよ。

お酒と上手に付き合うポイント4. 飲酒後はフルーツを食べる

お酒を飲んだ時は、飲酒後にも気を配るとさらに良いでしょう。

飲酒後はアルコール分解のために、肝臓がフル稼働状態になります。

肝臓の働きをサポートするためにも、アルコール分解を補助する働きがある、果物を食べるようにしましょう。

果物に含まれる果糖には、アルコールの分解をサポートする効果があるんですよ。

特にグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツがおすすめです。

 

緑内障社長の一言コメント

上手に付き合って、お酒を楽しみたいですね。上手に付き合うことで、末永く、より楽しくお酒を飲めるのだと考えています。
お酒を飲みすぎれば、健康を喪失し、結果的にアルコールから切り離された生活をしなければならなくなります。
大好きなお酒を長く健康的に楽しむためにも、飲み方を工夫してみては、いかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら