外に出ることが、若さを維持する一番の薬!?

外出して、若さを維持しましょう。

応援
 

若さの維持が、緑内障対策につながる可能性があります。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 外に出て、人と話したり
 趣味の活動をしたり
 してみてください!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

今日は、外にお出かけください。

外に出て、脳に刺激を与え、
紫外線を少し浴び、
普段の目線より少し上を見て、
背筋を伸ばして、
歩いてみてください。

外出するだけで、脳は様々な
刺激を受けます。

眼圧、視神経、老化の予防。

目の様々な働きは、
脳と密接な関係があります。

今日は、外出して、
脳に刺激を与え、
目を元気にしましょう!
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ものを見るのは目だけでなく、脳の働きと連携しています。

そもそも、ものを見るのは目ですが、受け取った信号を解釈するのは脳ですので、ものを見ることは、目だけでなく、脳の働きと連携して行われています。目の様々な働きは、脳と密接な関係があり、脳に刺激を与えることは、目を元気にすることにつながります。

外に出て、人と話したり、
スポーツをしたり、
脳を活性化することで、
目の若さも保たれます。
 

紫外線も、悪いことばかりではありません。

また、外出すると、紫外線を浴びることになります。

何かと悪者にされがちな紫外線ですが、紫外線も、悪いことばかりではなく、ビタミンDを活性化します。

ビタミンDは、カルシムのバランスを整えたり、骨の健康を守ったりするだけでなく、免疫力アップやガン等に有効と考えられるようになっています(紫外線の浴びすぎにはご注意ください)。

そのため、散歩などの外出で、適度に日の光にあたることは、全身や目の若返りに効果的と考えられます。

特に目に光をあてたい際には、目を閉じたまま太陽の方を30秒ほど向けば十分です。

散歩自体、全身の血流を改善してくれますので、
ウォーキングの要領で、背筋を伸ばし、普段の目線より少し上を見て歩きながら、
紫外線を浴び、外の様々なものを見ながら、脳に刺激を与えてみてください。

目と脳の血流が改善し、また全身の若さの維持に大変役立ちます。

 

緑内障社長の一言コメント

ネットで買い物を済ませることができる時代ですが、お買い物に出かけたり、散歩したり、楽しく外に出る機会を作ってみたいと思います。実際に、自分で見るのは、お買い物ひとつとっても楽しいですよね。