落下腸にも有効!腸マッサージで便秘を解消する方法

腸マッサージで緑内障予防
 

緑内障の発症・進行確率は、老化とともに上昇します

便秘で腸内に便が蓄積すると、腸の腐敗が進み、様々な病気の温床となります。

また、便秘を放置していると、体の循環が悪くなり、血行不良を起こして内臓が機能低下してしまいます。

老化とともに緑内障の発症・進行確率は上がりますし、老化予防に便秘解消は重要です。

便秘を解消する上で有効となるのが、腸マッサージです。

腸を直接刺激する事で、腸の蠕動運動を促進し、便の動きをスムーズにする事ができます。

今回は、落下腸にも有効な腸マッサージの方法をお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 便の滞留は折れ曲がり部分で生じる

便が腸に溜まってしまう原因の一つに、腸の折れ曲がり部分が挙げられます。

大腸は上行結腸の始まり、上行結腸から横行結腸、横行結腸から下行結腸、下行結腸からS字結腸の4つの部位においてカーブしています。

このカーブの部分はどうしても便の動きが悪くなり、詰まりやすいのです。

便の流れをスムーズにするためには、この4隅を重点的にマッサージする事が有効になります。

 

2. 腸の四隅をほぐすマッサージ

腸の四隅をほぐすマッサージの方法は次の通りとなります。

・親指以外の4本の指を揃え、腸の四隅を意識して揃えた指をグッと入れ込み、親指と揃えた4本の指で腸を掴むように力を入れて揉みほぐします。
・四隅を揉みほぐしたら、同様に両脇腹と下腹部も掴んで揉みほぐします。
・最後の仕上げとして、時計回りに「の」の字を描くように腸をマッサージしてください。

3. 腸のツボマッサージ

腹部には、腸の動きを活性化させる天枢(てんすう)と大巨(だいご)というツボが計4つ存在します。

まず、天枢(てんすう)は、おへそから真横に指3本分移動した左右2つの位置に存在します。

そして大巨は、左右それぞれの天枢から指3本分下に移動した位置に存在します。

天枢と大巨の合計4つのツボを、こぶしで押し込むようにしてグッと刺激を与えてマッサージすると便が出やすくなります。

 

4. 落下腸マッサージ

落下腸とは、腸が通常の位置よりも下がり、大腸が複雑に折れ曲がってしまった状態を指します。

大腸の折れ曲がりが多いために、その部分で便が滞留し、便秘になりやすいのが特徴です。

落下腸は治療が難しいため、便秘にならないためにもマッサージをして、便の流れをサポートしてあげる必要があります。

落下腸マッサージの方法は次の通りです。

・腰にクッションを当て、仰向けで両膝を立てて寝転びます。
・恥骨からおへそに向かって腸を押し上げるイメージで1分間マッサージします。
・次に恥骨からおへそまでの部分を全体的に指をグッと押し込んで、腸を揺らすようなイメージで1分間マッサージしてください。

 

緑内障社長の一言コメント

今回ご紹介した腸マッサージは、トイレに行く前やトイレ中なかなか便が出ない時に行うと効果的です。
また、落下腸マッサージにおいては、朝ご飯を食べる前と寝る前の2回行うようにすると便秘を防止する事ができます。
マッサージを行う時は、とにかく折れ曲がりの部分を意識するといいようです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら