ボールを使って簡単脳トレ!楽しく脳と体を同時に鍛える方法

老化予防で緑内障対策

 
健康寿命を延ばすためには、体の老化だけではなく脳の老化も食い止めることが大切です。

脳と体を同時に鍛えるためには、2つの動作を同時に行う運動が効果的です。
さらに、楽しみながら行うことでより脳を活性化することができます。

そこで今回は、ボールを使って簡単かつ楽しみながらできる脳トレ方法をお伝えします。

 

初級編 一人でできる前パスステップ

今回お伝えする脳トレは、手でボールをパスすると同時に、足でステップを踏むという2つの動作を組み合わせた運動です。

用意するものは、ボールだけです。
ボールはテニスボールなど片手で楽に掴める大きさで、落としても痛くないものを1つ用意します。
お手玉のように、中にあずきやお米などを入れて少し重みを出したお手製のボールもパスがしやすくておすすめです。

ボールが用意できたら、まずは基本的な前パスステップに挑戦してみましょう。
方法は次の通りです。

・足を揃えて背筋を真っ直ぐにして姿勢よく立ちます。
・肘を体の横で軽く曲げ、左手にボールを持ちます。
・左手から右手にボールをパスしながら、左足で1回ステップを踏みましょう。
・ステップは太ももが床と平行になるように、しっかりともも上げするようにします。
・次に右手から左手にボールをパスしながら、右足で1回ステップを踏みます。
・この動作を繰り返してみましょう。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

中級編 一人でできる後ろパスステップ

次は、体の後ろでボールをパスします。
体の前でパスをするよりも少し難しいですが、その分脳をしっかりと刺激することができますよ。

方法は次の通りです。
・背筋をしっかり伸ばして姿勢よく立ちます。
・両肘を伸ばして、体の横で軽く広げます。
・左手にボールを持ち、肘を伸ばしたまま、背中側で手を少し近づけて右手にパスします。
・左手から右手にパスすると同時に、しっかり太ももを上げて1回左足でステップを踏みましょう。
・ボールをパスしたら、両手は近づけたままにせずに、一度広げて元の場所に戻します。
・次に右手から左手にパスすると同時に、右足で1回ステップを踏みます。
・この動作を繰り返してみましょう。

 

応用編 一人でできる前後パスステップ

後ろ側でのパスもできるようになったら、前パスと後ろパスを組み合わせてみましょう。
また、パスだけではなく、ステップも前後に踏むなど工夫をするとさらに脳を刺激することができます。

応用編は自分次第で何通りもできますが、ここでは一例をお伝えします。

・背筋を伸ばして姿勢よく立ちます。
・両ひじを体の横で軽く曲げ、左手にボールを持ちます。
・左手から右手に体の前側でボールをパスすると同時に、左足でステップを1回踏みます。
・次に両ひじを体の横で伸ばして、右手から左手へと背中側でボールをパスすると同時に右足で1回ステップを踏みましょう。
・この動作を繰り返します。
・このとき、最初の1回2回は前にステップを踏み出し、次の3回4回目は後ろにステップを踏むなど、ステップにルールをつけて踏むとより効果的です。

 

応用編 みんなで楽しむパスステップ

ボールを使った脳トレは、一人だけでももちろん効果的ですが、家族や友達などと一緒に楽しむとより脳が刺激されるため、おすすめです。

2人で楽しむときの一例をお伝えします。

・相手と向かい合って姿勢よく立ちます。
・「1・2・3・4」とリズムを合わせながら、その場で足踏みをしましょう。
音楽をかけて音楽に合わせて足踏みをするのもおすすめです。
・「1・2」で自分の右手から相手の左手へとパスをして、「3・4」で相手の左手から自分の左手へとパスしてもらいます。
・さらに「5・6」で自分の左手から相手の右手にパスをして、「7・8」で相手の右手から自分の右手にパスを返してもらいましょう。
・この動作を繰り返します。
・最初は相手との距離を近づけて行い、慣れてきたら少しずつ離れてみるといいです。

 

緑内障社長の一言コメント

ボールを使った脳トレは、楽しみながら行えるので、より効率よく脳と体を刺激することができます。
パスをするときは、どうしても姿勢が崩れやすいので、姿勢を維持することも意識するといいようです。

参考
「おとなの健康vol.1 筋力UPで健康寿命は必ずのばせる!」オレンジページ


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら