腸内環境を整えて免疫力アップとアンチエイジングで、緑内障対策

腸内環境を整えて、免疫力アップ。

腸内環境で緑内障対策
 

アンチエイジングで緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、腸内環境を整えて
 免疫力を高めましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緑内障の発症と進行には加齢、
つまり身体の老化が
影響しています。

病気と闘える体を
もち続けることが
アンチエイジングになります。

腸内環境を整えることは
免疫力アップにとても大切です。

今日は、腸内環境を整え、
免疫力を高めることで、
老化に抗い、緑内障の進行を
抑えることを狙いましょう。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

全身の約70%におよぶ免疫システムが集中する大腸・小腸。

人間の体は口から食事をとり、
胃で消化されたあと
腸に届いて吸収します。

同じように
口から病原菌が入ったとしたら、
その多くは胃で消化されますが、
病原菌の中には消化されず
腸まで到達するものがあります。

腸は血管やリンパ管と
つながっているので、
異物が体に侵入しないよう、
排除のために全力で働きます。

大腸の中には
100兆個もの細菌が住んでおり、
小腸と合わせて
全身の約70%におよぶ
免疫システムが集中しています。

これが免疫力になります。
 

アンチエイジングと免疫力。

体をまもる免疫力は20~30代を
ピークに低下し始めます。

加齢のほかにストレスや
食生活の乱れ、環境物質が
低下の原因につながります。

以前に比べると風邪をひきやすく
感じるようになったら、
それは免疫力が低下している
かもしれません。

アンチエイジングには
この免疫力が深く関係しています。
 

腸の善玉菌が、免疫力に大きな役割を持つ。

免疫システムが集中する腸には、
善玉菌、悪玉菌、そして、
環境によってどちらかに変化する
日和見菌、
がバランスをとって存在します。

この中で、善玉菌は
免疫力に大きな役割をもち、
体に良いものと
有害なものを選別します。
 

便秘は悪玉菌を増やす原因。

食事をすると、
食べ物は腸まで運ばれて
栄養素は吸収されます。

そこで不要になった老廃物が、
便となり、体外へ排出されますが
スムーズに排便されず、腸の中に
とどまると便秘になります。

たまった便は、
時間が経過するにつれ、
腸の中で腐敗と発酵をすすめます。

すると善玉菌は減り、
悪玉菌が増えてきます。
 

悪玉菌の増加が、免疫力の低下に。

悪玉菌増加は、
免疫力の低下につながります。

便秘が引きおこした免疫力低下で、
腸の中では有害物質と
ガスが発生します。

やがて、有害物質は
血液に溶け出して
全身に運ばれることになり、
このことが原因で
自律神経を弱めて
新陳代謝を弱めます。
 

便秘がおこる原因。

■循環機能の低下
■運動不足による筋力の低下
■食物繊維の不足
■便秘薬の使用継続による便秘
(=自然排便が難しくなります)
 

アンチエイジングには、病気と闘える身体を持つこと。

病気と闘える体を
もち続けることが
アンチエイジングになります。

腸内環境を整えることは
免疫力アップにとても大切です。

悪玉菌を増やさないために
日ごろから気をつけたいことは、
食生活です。

悪玉菌は、
お肉に含まれるたんぱく質と
脂肪を好みます。

悪玉菌が、
タンパク質やアミノ酸を分解して
有害物質に変えてしまうことで、
便秘や下痢になり、悪玉菌の
数を増やしてしまいます。

悪玉菌が作り出した有害物質は
血液に含まれて全身に運ばれると
動脈硬化や高血圧の
原因になります。

有害物質を予防するために
肉料理を食べ過ぎない等、
腸内環境を意識した
食生活がおすすめです。
 

緑内障社長の一言コメント

大腸と小腸に、全身の約70%におよぶ免疫システムが集中している、という事実に、ただ驚きました。ヨーグルト等、簡単にできることがあれば、はじめてみてはいかがでしょうか。