スロージョギングで血流をアップして緑内障対策。

スロージョギングで血流をアップして緑内障対策。

スロージョギング
 

血流を改善して、目に栄養を届けましょう。

本日は、血流を改善する緑内障対策のひとつとして、「スロージョギング」をご紹介します。

なぜ、血流改善が緑内障対策につながるのかは、以下の記事をご覧ください:
なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

スロージョギングで血流をアップする方法。

ランニングは走り慣れていない人にはハードルが高く、実際に走ってみても身体が苦しくなり長く続かないこともあります。

スロージョギングは身体に負荷が少なく、ランニングでは得られない効果もあることから、注目されている運動方法です。

今回は、スロージョギングで血流アップする方法をご紹介いたします。
 

スロージョギングとは?

スロージョギングとは、身体に無理のないゆっくりしたスピード走るジョギングです。

ウォーキングとの違いは、一般的なウォーキングは1時間に約4.8km進みますが、スロージョギングは1時間約5kmを目標にします。

ランニングと比べて身体に過剰な負担をかけずに続けやすいことや、ウォーキングでは使わない足の筋肉を鍛えることもできる運動方法です。
 

スロージョギングの効果。

スロージョギングはウォーキングと比べて約2倍のカロリー消費があります。

ダイエットに効果があり、基礎体力も高まることで疲れにくい身体を作ることができます。

また、血流を高めることで、全身の血流改善と脳の機能は活性化され、思考力・記憶力などの認知機能も高まると言われています。
 

スロージョギングで血流アップ効果。

スロージョギングには運動による血流改善効果だけでなく、血流を増やす効果もあります。
それは「毛細血管再生効果」です。

人間の身体には地球2周半にもおよぶ血管が全身に張り巡らされていますが、中には血液が流れていない未使用毛細血管もあります。

負荷が少なく弱い刺激を身体にあたえ続けるスロージョギングには、使われていなかった毛細血管を再生させる作用があります。

毛細血管が再生すると細部まで血流を改善して新鮮な栄養と酸素を送ることができ、アンチエイジング効果にもつながります。
 

スロージョギングの走り方。

それでは、スロージョギングの方法をみてみましょう。

1. スロージョギングは呼吸が苦しくないスピードが基本です。

苦しく感じたらハイペースになっていますので、ペースダウンしましょう。

おしゃべりしながら走れるような、スピードが望ましいです。

2. 走る姿勢はアゴを上げて歩幅は小さく進みます。
前に出す足は約10cmが目安。1分間に180~200歩のリズムが理想です。

3. 足の運びは、かかとで着地せず、足の指のつけ根で着地(フォアフット着地)をします。

足を上げるときは地面を蹴らず、真下に押し出すように前進しましょう。

フォアフット着地は、かかと着地に比べて足にかかる衝撃は1/3に緩和されます。

少ない衝撃で運動が続けられるだけでなく、ふくらはぎに負荷をかけることで、下に降りた血液を心臓に送り返し、血液循環をよくする作用もあります。

無理なく健康効果の高いスロージョギングをぜひお試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

一時期、非常に流行ったスロージョギングですが、改めてその効果を見ると、緑内障対策として活用できるものが含まれています。
無理なく行えて、非常に効果の高い運動方法ですので、ぜひお試しください。