【快眠対策】緑内障予防になる味噌汁とは

ストレスや不眠対策に!朝具だくさん味噌汁で快眠する方法

朝味噌汁で緑内障対策
 

和食の定番といえば味噌汁ですよね。
体の健康のために味噌汁を食事に取り入れている方も多いでしょう。

実は、この味噌汁、朝にたっぷりの具材と一緒に食べると心の健康や快眠にも効果的なんです。

そこで今回は、朝具だくさん味噌汁の効果と、ストレスや睡眠対策に効果的な作り方についてお伝えいたします。

 

快眠やストレス対策にはメラトニンを作ることが大切!

心の健康を守るためには、睡眠をしっかり取って、ストレス対策をすることが大切です。
そこで重要となるのが、メラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンです。

メラトニンは、体の中でセロトニンを原料にして作られます。
実は、このセロトニンは幸せホルモンの1つであり、心を落ち着かせてくれる働きがあります。

つまり、快眠やストレス対策をするためには、眠りを誘い心の健康に関係するセロトニンやメラトニンを作ることが大切なのです。

ストレスは様々な病気につながると言われていますが、緑内障とも、
眼圧上昇や進行など、関連されるものと考えられますので、
しっかりと対策して頂ければと思います。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

快眠のために取りたい4つの栄養素

メラトニンと作って快眠するためには、次の4つの栄養素が大切です。

・トリプトファン
・マグネシウム
・ナイアシン
・ビタミンB6

セロトニンは、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸から作られ、約16~17時間後にメラトニンに変化します。
つまり、快眠やストレス対策のためには、朝にトリプトファンを摂って、夜にメラトニンが作られるようにすることが大切なのです。

さらに、トリプトファンからセロトニンやメラトニンを作るためには、トリプトファンと同時にマグネシウム・ナイアシン・ビタミンB6の3つの栄養素を摂ると効果的です。

マグネシウム・ナイアシン・ビタミンB6は、心を落ち着かせる作用を持っており、心身の健康には欠かせない栄養素なんです。

 

朝具だくさん味噌汁は快眠栄養素を一気に取れる

トリプトファンを豊富に含んでいる食材が、大豆や肉・魚・牛乳などです。
特に味噌汁は、大豆の他にも、様々な具材と組み合わせやすく、快眠に必要な4つの栄養素を摂りやすいというメリットがあるんですよ。

朝に具だくさんの味噌汁を飲むことで、セロトニンの合成を進め、夜にメラトニンが作られやすい環境を作ることができるのです。

 

快眠するための朝具だくさん味噌汁の材料と作り方

それでは、具体的にどのような材料を使って味噌汁を作ればよいのでしょうか?
大切なのは、マグネシウム・ナイアシン・ビタミンB6の3つの栄養素をバランスよく味噌汁に入れることです。

以下がそれぞれの朝具だくさん味噌汁におすすめの材料です。

・マグネシウムが豊富な材料
海草類(のり、わかめ、昆布、ひじきなど)、豆類、長ネギ、ほうれん草、ブロッコリー、ゴボウ

・ナイアシンが豊富な材料
豚肉、キノコ類(えのき、しめじ、舞茸、エリンギ、マッシュルームなど)、かいわれ大根、鶏むね肉、ツナ缶

・ビタミンB6が豊富な材料
卵、シイタケ、ブロッコリー、かつおぶし、にんにく、とうがらし、赤ピーマン、モロヘイヤ、さつまいも、鶏ひき肉、鶏ささみ

作り方は、上記のそれぞれの栄養素をバランスよく含むように材料を選んで味噌汁を作るだけです。
時間がないときは、インスタント味噌汁に上記の具材をプラスして入れるのもいいですよ。

 

朝具だくさん味噌汁を作るときのポイント

朝具だくさん味噌汁で快眠やストレス対策をするためには、もう1つ重要なポイントがあります。

それは、材料を大きめにカットすることです。

材料を大きめにカットして、リズムよく噛めるように工夫することで、セロトニンが出やすくなるんですよ。

 

緑内障社長の一言コメント

味噌汁は体の健康だけではなく、心の健康や快眠に効果的です。
ぜひ、朝の習慣の1つとしてたっぷりの具材と一緒にお召し上がりください。
(味噌には塩分も含まれていますので、塩分の節制をなさっている方はご注意ください)

参考
「日経おとなのOFF 医者がすすめる!薬いらずの食べ方」日経おとなのOFF特別編集