【ストレスで眼圧が上昇】苦手な人への対処方法

もう振り回されない!苦手な人への対処方法

ストレス解消で緑内障予防
 

職場や親戚、ママ友など、どこの人間関係でも存在するのが「苦手な人」です。

苦手な人がいると思っただけで、心も体も重くなってしまいますよね。
また、何とか上手くやっていこうとして心身ともに緊張が続いてしまうでしょう。

そこで今回は、苦手な人に振り回されないための対処方法をお伝えします。

 

自分を中心にして人間関係の縮図を書いてみる

苦手な人との関係に困っているときは、一度紙に自分の人間関係を図で書き出してみましょう。

紙の中心に自分を描いて、自分にとって大切な人から順番に自分の近くに描き、苦手な人などは自分から離して描きます。

このとき、相手や自分の性格、お互いに相手に対して何を求めているのかも書き込んでみるといいですよ。

このように、人間関係を見える化すると、苦手な人と適切な距離感が保てるようになり、心に余裕が持てるようになります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

頑張って克服しようとしない

苦手な人がいるときは、頑張って克服しようとしなくても大丈夫です。
克服して好きになろう、好かれようとするから振り回されてしまうのです。

どうしても好きになれない人と無理に付き合って自分の時間を犠牲にするよりも、好きな人たちとの時間に自分の時間を費やして過ごしたほうが幸福度が上がります。

「大人なんだから全ての人に平等でいなくちゃ」と自分を追い詰めなくてもいいんですよ。

 

30%程度の力で接する

苦手な人とは、100%で接しないようにしましょう。
100%でぶつかり、相手から100%のお返しを望むから、心身が緊張して疲れはててしまうのです。

「30%理解してもらえたらいいかな」と力を抜いて苦手な人と接していると、相手の言動に振り回されなくなりますよ。

 

感心を「苦手」ではなく「用事」だけに向ける

苦手な人と接するときはどうしても意識が「苦手」「嫌い」という自分の感情に向けられてしまいます。
すると、自分自身がその感情に振り回されるようになるのです。

苦手な人と接するときは、今必要な「用事」にのみ意識を向けるようにしましょう。
「用事の解決」や「目的の達成」のみに意識を集中していると、苦手意識に振り回されずに物事をこなしていけるようになります。

 

「不必要な人」ではなく「自分と距離が離れている人」と考える

苦手な人を自分にとって「不必要な人」と考えると、何かあったときに「どうしてこの人にそんなこと言われなきゃならないの」「関わらないでよ」と怒りを感じやすくなります。

自分にとって不要な人ではなく、「自分と距離が離れている人」と考えるようにしましょう。
このときに活躍するのが、前述した人間関係の図です。

何かあったときに自分と苦手な人との距離を具体的に離れているとイメージすると、精神的なダメージも少なくなりますよ。

 

緑内障社長の一言コメント

自分と合わない苦手な人は、どこのコミュニティーに行っても1人や2人はいるものです。
大切なのは、苦手意識に振り回されて自分の心身を削らないこととのこと。
苦手意識を克服しようとするのではなく、精神的に距離をとって30%くらいの力で接するといいようです。
相手の言動にいちいち振り回されることが少なくなるとよいですね。

参考
日経ヘルス 2016年7月号