【老化予防で緑内障対策】足もみで痩せ体質になって老化を防止する方法

肥満を予防改善!足もみで痩せ体質になって老化を防止する方法

足もみで緑内障対策
 

体や脳の老化を加速させる原因は様々ですが、飽食の現代で特に気をつけなければならないのが、肥満です。

肥満は生活習慣病のリスクを高めて、体の老化を加速させます。
肥満を予防改善して老化を防止するためには、代謝を上げたり老廃物の排出を促したりして痩せ体質になることも大切です。

そこで今回は、足もみによって痩せ体質になる方法をお伝えします。

 

老廃物の排出を促す足もみ

老廃物が体の中に溜まると、細胞の劣化が進行してしまいます。
老化を防止するためには、老廃物の排出を促すことが大切です。

老廃物の排出を促すのに効果的なのが、腎臓・尿管・膀胱の反射区の足もみです。

・揉む順番は、腎臓・尿管・膀胱の順です。
・足の指を軽く曲げたときに中央より少し上あたりにできる凹みが湧泉です。
・腎臓の反射区は湧泉のほんの少し下あたりにあります。
・腎臓の反射区から左足では「ノ」を描くように、右足では「し」を描くように膀胱の反射区へと繋がっているのが尿管の反射区です。
・膀胱の反射区は、親指側の足裏の側面、かかとの上あたりにあります。
・腎臓の反射区を人差し指を曲げて尖らせた第二関節の部分で押しもみをします。
・次に尿管の反射区をなぞるように押し、最後に膀胱の反射区を一押ししてください。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

心臓の機能を高める足もみ

代謝を高めて痩せ体質になるためには、心臓の機能を高めることも大切です。

心臓の機能を高めることで、血流量を増やし、燃焼しやすい体を作ることができます。
心臓の機能を高めるためには、心臓の反射区を刺激しましょう。

・左足の中指と薬指の間の付け根の部分に心臓の反射区があります。
・心臓の反射区を左右の手の親指で交互にテンポよく押してください。

 

代謝をアップさせる足もみ

代謝を司る臓器が、甲状腺です。

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの働きによって、全身の代謝活動が活発になり、体に元気がみなぎるようになります。
代謝をアップさせるためには、甲状腺の反射区を刺激して、甲状腺ホルモンの分泌を促進することが有効です。

・甲状腺の反射区は、両足の親指の付け根から縦長の楕円状に存在します。
・ちょうど親指の下の丸みを帯びた部分が相当します。
・甲状腺の反射区を親指を使って、毛虫のように這わせて動かしながら押してください。
・甲状腺の反射区は角質化して硬くなりやすいため、ガチガチに硬くなっていたらヤスリなどを用いて角質ケアするようにしましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

足もみは手軽に行える健康法の一つです。道具等が不要ですので、反射区さえ覚えていれば、不調を感じたときにすぐにもむことができます。
今回お伝えした腎臓、心臓、甲状腺の反射区はデトックスを促したり代謝を向上させたりするのに効果的な反射区です。
肥満が気になる方やむくみが気になる方は、ぜひ一度お試しください。

参考
日経ヘルス 2016年7月号