かくれ骨粗鬆症の早期発見で緑内障に対抗。

骨粗しょう症と緑内障
 

老化は緑内障の発症・進行に影響します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、かくれ骨粗鬆症について
 お届けします。
 ご自身がそうでないか、
 チェックいただき、老化進行を
 予防して、緑内障に対抗しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緑内障の発症・進行には、老化が影響すると言われています。

また、視神経にしっかりと栄養を届けるためには、血流が滞らないようにすることが必要となり、適度な運動などが推奨されます。

加齢が進行し、寝たきり等、運動もしづらい状態を防ぐために、ぜひ気を付けていただきたいのが、今回ご紹介する「かくれ骨粗鬆症」です。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

かくれ骨粗鬆症の怖さとは?

そもそも、「骨折は痛い」というイメージがありませんか?

実は、痛みを伴わない骨折もあるため注意が必要です。

今回は、加齢に伴う「かくれ骨折」についてお届けします。
 

年をとると背中が曲がるのは普通?

腰が大きく曲がり、杖をついて歩いているお年寄りを街中で見かけたことはありませんか?
実は、あの姿勢は度重なる「骨折」の結果なのです。

背骨である椎体は、人間の体重を二足歩行の状態でうまく分散できるように形作られています。

しかし、加齢に伴い、骨の中がスカスカになり、進行すると骨粗鬆症になります。

また、骨と骨の間のクッションの役割を果たす椎間板も変性します。

この変化はゆっくり起こるため、気がつかない間に進行するのです。

長年負荷がかかった、胸椎や腰椎に変性が起こると、体重を支えきれずに骨折を起こすことがあります。

通常の骨折は非常に痛みがありますが、骨粗鬆症による骨折は、軽度の痛み、あるいは全く痛みを伴わないことが多いことが特徴です。
 

「骨折ドミノ」を防ぐために。

椎体の骨折がひとたび起こると、その上下の骨に負担がかかり、上下の骨も骨折を生じます。
これが、「骨折ドミノ」です。

お年寄りの腰が大きく曲がってしまうのは、この骨折の連鎖が原因なのです。

腰が大きく曲がると、臓器が圧迫され、血流が悪くなり、臓器障害や心脳疾患を起こすリスクも高まります。

また、下を向く姿勢となり視野が狭くなるため、転倒及び転倒による骨折のリスクも非常に高くなります。

高齢者が転倒すると、大腿骨や骨盤が骨折することがしばしばあり、足の付け根である大腿骨が骨折すると、生涯寝たきりになることもあるため注意が必要です。

さらに、すでに骨粗鬆症が進行し、複数の骨折を起こしてしまった状態では、処置や治療が困難となります。

そのため、なるべく早く「かくれ骨粗鬆症」を見つけてあげることが大切なのです。
 

骨粗鬆症かどうか、気をつけるポイントは?

骨密度を調べる検査を病院で受けることもできますが、骨粗鬆症を疑うべきサインがいくつかあります。

まず、女性の場合は女性ホルモンが低下する閉経後、男性の場合は50歳以上の人で、「短期間の間に背中が曲がる」、「2〜3cmの身長低下がある」場合です。

このサインがあれば、早めに一般内科もしくは整形外科受診をお勧めします。

早めに治療を開始することで、将来の寝たきりを防ぎ、生活の質を高めることができるのです。
 

緑内障社長の一言コメント

寝たきりを余儀なくされれば、目への影響という点だけではなく、やはり生活の質に大きな影響が及びます。
緑内障防止という観点からだけではなく、早期発見・治療を心がけたいと思っています。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら