ブルーライトと緑内障。

ブルーライトと緑内障
 

ブルーライトから目と身体を守りましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ブルーライトから
 目と体を守りましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

近年、ブルーライトという名前を聞くことが増えました。

ブルーライトは目に悪いといわれますが、どのような影響が体にあるのでしょうか?

後述しますが、ブルーライトは、安眠を妨げ、身体の緊張状態をもたらすことで、眼圧を上昇させる危険性もあります。

どのように、ブルーライト対策を行うべきか。

今回はブルーライトについて解説いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ブルーライトとは紫外線に近い光。

人の目で見ることのできる可視光線の波長は約400~800nm(ナノメートル)です。

波長が400nmより短いと紫外線。
700nmより長い場合は赤外線になります。

ブルーライトは380~500nmの波長で紫外線に近く、人の目に見える光の中でもっとも強い光です。

ブルーライトの光は目の角膜や水晶体で吸収されることはなく網膜までとどきます。

このため網膜はダメージを受けてしまい、目の疲れや目の痛みを引きおこします。

また、ブルーライトは脳に影響をあたえて体調不良や病気の原因になります。
 

ブルーライトを浴びる機会が増えています。

ブルーライトは太陽光や昼白色の蛍光灯にも含まれている光ですが、パソコンとスマートフォンのLEDディスプレイやLED照明により多く含まれています。

近年、スマートフォンが広く普及したことや、省エネ可でLED照明が増えたことは、日常生活の中でブルーライトを浴びる機会も増やすことになりました。
 

ブルーライトが体に与える影響とは。

ブルーライトを浴び続けると、体には以下のような影響が出てきます。

■ 目の疲れ・目の痛み
■ 加齢黄斑変性症
■ 睡眠障害
■ うつ病
■ 肥満
■ がん

ブルーライトが目や体に負担をかけることを危惧した厚生労働省は、2014年にガイドラインを定めました。

具体的には、
・ パソコンやスマートフォンのVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を1時間続けたら約15分休憩をとること、
・寝る前のスマートフォンの使用は控えること、
を推奨しています。
 

ブルーライトとメラトニンの関係。

ブルーライトの光は体内時計にも影響をあたえます。

人間の体は夜になるとメラトニンという脳内物質を分泌してリラックス状態になり眠りにつきますが、ブルーライトを夜間に浴びた脳は、朝だと判断してメラトニンの分泌を減らしてしまいます。

このため体は緊張が続き、眠れなくなります。

睡眠障害は成人病・うつ病・内臓疾患のリスクを高めます。
 

ブルーライトの対策方法。

パソコンやスマートフォンを使い、LED照明も身近になった日常生活では、どのようにブルーライト対策をすればよいでしょうか?

対策方法として以下のようなものがあります。

■ ブルーライト対策メガネを使う
■ パソコンの明るさをブルーライト削減に設定する
■ モニターにブルーライトカットフィルターを貼る
■ ブルーライト軽減アプリを設定する

このような方法でブルーライトの影響を軽減することができます。

ただし、体内時計に与える影響を防ぐためには、眠る前の2~3時間前はパソコンやスマートフォンを見ないようにすることが必要です。

睡眠障害の予防として、日中に太陽の光をあびてメラトニンの素となる脳内物質のセロトニンを分泌させることも安眠につながるでしょう。
 

緑内障社長の一言コメント

眠る前にパソコン・スマートフォンを見ない。簡単なようで、なかなか難しくもあり、しかし、大事なことだと分かるので、なんとか実現させたいことでもあります。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら