日光浴でストレス解消。

日光浴で緑内障対策
 

眼圧を下げて、緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、日光浴で
 上手にストレスを解消して
 緑内障対策を行いましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

ストレスが多くの病気の
発症の引き金となったり、
憎悪因子(状態を悪化させるもの)
となったりすることは
よく知られています。

緑内障に関しても、
眼圧はイライラしたり、
興奮するだけでも上がりますし、
ストレスが何らかの影響を
及ぼしていると考えられます。

うまくストレスを解消するために、今回は、太陽と身体の関係について、お届けします。
(こちらもあわせてどうぞ:眼圧を下げる為に、絶対にやっておきたい15の緑内障対策(その1:1-5)

人は誰もが1日24時間のサイクルで活動しています。
そして、これに合わせて体には体内時計があり、自律神経のバランスを整えています。

この体内時計が乱れるとストレスの原因になり体の不調につながります。

そして、体内時計を整えるためには、太陽と体の関係を知ることが大切です。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

太陽が体にあたえる影響。

太陽の光には体内時計を整える効果があります。

そこには脳内物質のセロトニンと、メラトニンが深く関係しています。

この2つのホルモンは”活動”と”休息”の役割をもち、連動して体内時計のバランスをとっています。

セロトニンが不足すれば、メラトニンも減ります。

そして、太陽光こそがセロトニン分泌の大きな鍵を握っています。

2つのホルモンの役割を見てみましょう。
 

セロトニンの役割。

セロトニンは”幸福ホルモン”と呼ばれています。

不安を解消して、精神の安定をもたらし、意欲を高めます。

また、精神面に影響するドーパミンと、ノルアドレナリンのバランスを保つ役割もあります。

セロトニンの不足はうつ病の原因にもつながります。
 

メラトニンの役割。

メラトニンは”睡眠ホルモン”と呼ばれており、日が落ちて暗くなると分泌して眠気を誘い、朝になると分泌を止めて体を覚醒させます。

このメラトニンは、昼間に分泌されたセロトニンを材料に作られます。

そのため、セロトニンが不足するとメラトニンも不足して快眠が得られず、朝の目覚めは悪く、疲労感を残してストレスをあたえます。
 

セロトニンと日照時間の関係。

太陽光とセロトニンが関係する体調不良には、次のような症状もあります。

セロトニンが不足すると、気分の落ち込みや・無気力・ネガティブ思考になりストレスは増えます。

これらの症状が秋~春にかけて強くなり、いくら寝ても朝になると起きられない過眠や、甘いものが無性に食べたくなる症状の「冬季うつ病」が注目されています。

冬季うつ病は、季節性気分障害の一種であり、冬場の日照不足によるセロトニンの減少が影響しています。

この症状は、北欧など日照時間の短い地域ほど深刻化するとされ、太陽光とセロトニンの関係がより鮮明になりました。

セロトニンの分泌を活性化するには、2500ルクス以上の照度が必要です。

しかし、室内の照度は約500~1000ルクス程度ですので足りません。

太陽光は曇り空でも約5000ルクスの照度がありますので、日光浴はセロトニンを分泌してストレス解消に効果的なのです。
 

午前中の日光浴でストレス解消。

セロトニンと太陽光の関係をみてきましたが、どのタイミングで日光浴をすれば、より効果が得られるでしょうか。

強い太陽光にあたれば、効果も強まるというわけではありません。

もっとも良いタイミングは、朝、目覚めた時に5~15分間、太陽の光を浴びることで効果は高まります。

睡眠不足で目覚めが悪くても、日光浴をすることでメラトニンの分泌は止まり覚醒してきます。

決まった時間に太陽光を浴びることは体内時計を調整し、体と心のストレス解消につながるでしょう。
 

緑内障社長の一言コメント

朝、太陽の光で目覚める、というと健康的なイメージがありますが、実際そのようですね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら