ブロッコリーの抗酸化作用で緑内障対策。

抗酸化で緑内障予防
 

老化を予防して、緑内障発症の確率を下げましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 ブロッコリーの抗酸化作用で、
 老化を予防して、
 緑内障対策しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。

老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。

老化は、
細胞の酸化によって促されます。

その酸化の原因となる主なものが、
活性酸素です。

(他にも紫外線、排気ガスなどの
有害物質によって細胞が酸化されます)

老化現象自体は誰にでも起こるものです。

しかし、緑内障の進行を抑えるために、
老化の速度を遅らせたいものです。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

緑内障の原因は、房水が活性酸素で詰まるため、という考え方。

また、人の体は血液により
酸素や栄養を取り込み、
老廃物を排出しています。

しかし、
水晶体や角膜などには血管がありません。

血液にかわって、
酸素や栄養を送っているのが
眼球を常に満たしている房水です。

緑内障は、この房水が活性酸素に
よって詰まるのが原因である、
という考え方もあります。

以上から、
活性酸素による体内の酸化を防ぐ
抗酸化作用を持つ栄養成分が
役立ちます。

そこで、今回注目したいのが、ブロッコリー。
身近な食材のブロッコリーは、味や彩りの美しさから料理には欠かせない野菜ですが、実は栄養価の高いスーパーフードです。

ブロッコリーの抗酸化作用と栄養効果を逃さない食べ方を、ご紹介いたします。
 

抗酸化作用を持つ、ブロッコリーって、そもそもどういう野菜?

ブロッコリーは地中海沿岸地域を原産とするアブラナ科の野菜です。

キャベツと同じ仲間であり、キャベツの変種として誕生したカリフラワーを品種改良してブロッコリーは誕生しました。

品種は、大きなつぼみのかたまりと茎を食べる「頂花蕾」。

細長い茎に小花がついた「茎ブロッコリー」。

発芽したての芽を食べる「ブロッコリースプラウト」があります。
 

ブロッコリーの栄養素。

キャベツやカリフラワーは淡色野菜に分類されますが、ブロッコリーは緑黄色野菜になります。

ビタミンやミネラルを豊富に含み、ビタミンCはイチゴの約2倍に相当し、ブロッコリー1/4株(約150g)で成人に必要な1日の摂取量を補えます。

さらに、ビタミンB郡・葉酸・カリウム・カルシウム・食物繊維が豊富な野菜です。
 

ブロッコリーの抗酸化作用。

栄養素の高いブロッコリーは、抗酸化作用にも優れています。

ブロッコリーに含まれる抗酸化成分は、次のようなものがあります。

◇ スルフォラファン
◇ β-カロテン
◇ ルテイン
◇ ビタミンE
◇ ゼアキサンチン
◇ ケルセチン
◇ MMTS(メチルメタンチオスルホネート)

このように、ブロッコリーは多くの抗酸化成分を含んでいます。

β-カロテンは血管を若々しく保ち、ビタミンA に変換して眼精疲労の予防に効果があります。

ルテインは、カロテノイド色素の強い抗酸化作用で、紫外線のダメージから目を守ってくれます。
 

ブロッコリーのガン予防効果。

ブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」は、ファイトケミカルの一種です。

肝臓の解毒作用を促進させて、体内の発ガン性物質を排出する作用があるとして注目されています。

ガン予防の他にも、肝炎・肝障害の発症を抑えるとともに胃を健康に保ち、免疫力を高める効果があります。

このスルフォラファンは、一般的に食べるブロッコリーより、ブロッコリースプラウトに多く含まれています。

さらに、ガン予防効果として注目される成分がMMTSです。

MMTSは活性酸素を無毒化する作用と、ガンになりかけた細胞を修復する効果があるといわれ、ブロッコリーのもつ健康効果に注目を集めました。
 

ブロッコリーの効果的な食べ方。

多くの栄養素を含むブロッコリーですが、効果的に摂るためには調理方法に工夫が必要です。

熱や水による栄養素の損失を抑えるために、加熱は短時間で済ませ、湯でたものは流水を使わずにザルなどで熱を冷ますようにしましょう。

電子レンジを使い、短時間加熱すると、栄養素を守ることができます。

MMTSは加熱すると効果がなくなります。

生の状態を刻んだり、水と一緒にすりつぶすことで発生する物質ですので、野菜ジュースやスムージーもおすすめです。
 

緑内障社長の一言コメント

抗酸化作用が嬉しいブロッコリー。ブロッコリースプラウトについても、別途まとめる予定ですので、どうぞお楽しみに。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら