玄米のアンチエイジング効果を活用して、緑内障対策。

玄米のアンチエイジング効果で緑内障対策。

玄米で緑内障対策
 

白米と比較して、ずっと栄養豊富です。

本日は、アンチエイジング方法の一つとして、玄米の活用方法をご紹介します。
なぜ、アンチエイジングが緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ老化予防(アンチエイジング)が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

玄米の健康効果

玄米は白米にくらべて体に良いというイメージを多くの方がもっていると思いますが、どのような健康効果あるのでしょうか。

今回は、玄米に含まれる健康成分と、アンチエイジング効果をご紹介いたします。
 

玄米とは?

玄米とは、稲の果実が精米されていない状態の米です。
日ごろ多くの人が食べている白米は、玄米から糠(ぬか)を取り除いたものですが、精白の工程で失われた糠と胚芽には高い栄養価が含まれます。

玄米はダイエット効果があるともいわれますが、カロリーは白米とほぼ同じですので、玄米を食べるだけでダイエットになるというわけではありません。
しかし、上手に身体に摂りいれられると様々な健康効果があります。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

玄米の健康効果

それでは、玄米にはどのような健康効果があるのかみていきましょう。

◇ビタミンE

玄米にはビタミンEが白米の約6倍含まれています。
ビタミンE は「若返りのビタミン」と呼ばれて活性酸素の増加の抑制と、毛細血管を広げて血流をよくします。

◇ビタミンB2

ビタミンB2は白米の約2倍含まれています。
ビタミンB2は細胞の再生や健康な粘膜を作り、糖質を分解してエネルギーに変えてくれます。
脂質の酸化を防ぐことでアンチエイジング効果が高いです。

◇ビタミンB1

ビタミンB1は白米の約5倍含まれており疲労回復に効果があります。
ビタミンB1の不足は乳酸などの疲労物質がたまり、疲れや筋肉痛、脳の活動低下につながります。

◇食物繊維

食物繊維は白米の約7倍含まれています。
食物繊維は腸の運動を活発にして便秘を解消し免疫力を高めます。
 

フィチンの解毒作用

玄米には”フィチン”という栄養素が含まれています。

フィチンは、フィチン酸とミネラルなどの金属イオンが結合したものであり、玄米のほかにゴマやインゲン豆にも含まれている成分です。
強力な解毒作用で体内の有害物質を排出し、ガンの予防の効果があるとされて玄米に注目が集まりました。

□ フィチンとミネラルの関係

このフィチンについては、「解毒作用の強さから、体内にもともとあったミネラルまで排出するのではないか?」という意見も交わされてきました。

しかし、フィチンとフィチン酸は違った成分であり、玄米のフィチンはすでにミネラルが含まれているので、体内に存在するミネラルを排出することはないという説が有力になりつつあります。
それでも気になる方は、海藻などミネラルを含む食材を一緒に食べるとよいでしょう。
 

玄米を食べる時の注意点

玄米は硬い食感があります。
食物繊維を多く含んでいますので、消化不良をおこさないようにしっかり噛んで食べましょう。

味や食感が苦手という方は、白米2に対して玄米1の割合を混ぜて炊くと食べやすいです。
ぜひ、お試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

白米に混ぜて食べています。玄米だけだと苦手という方におすすめですので、ぜひお試しください。