【老化防止で緑内障予防】スーパーフードのタイガーナッツ

実はナッツではない!?タイガーナッツの3つの成分とその効果

タイガーナッツで緑内障予防
 

高い栄養価を誇る食品として昨年から注目を集めているスーパーフードですが、今年になっても続々と新しいスーパーフードが市場に出てきています。
中でも、老化防止とダイエット効果の両方が期待できると人気に火がついているのが、タイガーナッツです。
今回は、タイガーナッツの成分やその効果、摂取方法についてお伝えいたします。

 

タイガーナッツとは

タイガーナッツは、名前にナッツとはついていますが、ナッツ類ではありません。

北アフリカやヨーロッパを原産とする多年草ショクヨウガヤツリの根茎部分であり、ジャガイモのような野菜の一種です。
食歴は長く、エジプトなどでは数千年も昔から、貴重な食べ物として珍重されてきました。
食感はシャリシャリとしており、甘酸っぱい後味が残るため、おやつとして食べる方も多いようです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

タイガーナッツの成分とその働き

タイガーナッツには、ミネラル・ビタミンE・食物繊維の3つの栄養素が特に豊富に含有されています。
それぞれの成分の働きは次の通りとなります。

・ミネラル

タイガーナッツは、ミネラルの中でも特にマグネシウムとカリウムを多く含有しています。
マグネシウムは様々な代謝活動に必要な酵素の働きになくてはならない物質であり、マグネシウムを摂取する事で、代謝活動を円滑にする事ができます。
また、カリウムはナトリウムを排出する働きがあります。
ナトリウムは塩分として、摂りすぎると高血圧を誘因してしまいます。
塩分の摂取量が多い日本人にとってカリウムは生活習慣病を予防する重要なミネラルなのです。

・ビタミンE

ビタミンACEの一つとして、高い抗酸化力を誇るのが、ビタミンEです。
ビタミンEを多く含有するタイガーナッツを摂取する事で、活性酸素から細胞を守り、体の劣化を防止する事ができます。
また、脂質の酸化を防止する事で、過酸化脂質による動脈硬化の発生を防止できます。
さらにビタミンEには、毛細血管を拡張したり血液をサラサラに改善する働きがあるため、血流を改善する効果も期待できます。

・食物繊維

タイガーナッツには、難消化性デンプンという食物繊維が含有されています。
難消化性デンプンは胃や小腸で消化・吸収されにくいため、血糖値の上昇を抑制したり、中性脂肪やコレステロールを取り除く働きがあります。
また、腸内で善玉菌の餌となるため、腸内環境を整え、便秘などを解消する効果もあります。

 

タイガーナッツの摂取量とタイミング

タイガーナッツの1日あたりの摂取目安量は、10粒程度です。

タイガーナッツには血糖値の上昇を抑制する働きがあるため、摂取するタイミングは食前がおすすめです。
そのまま食べる他、ドリンクにして摂取する方法もあります。

 

緑内障社長の一言コメント

タイガーナッツには、抗酸化力の高いビタミンEや代謝をスムーズにするミネラルが豊富に含有されているため、老化防止に効果的です。
それだけではなく、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の予防やダイエットにも効果が期待できるため、総合的に健康を維持したいという方におすすめのスーパーフードです。