身体の歪みを解消するための、バランスボールの活用方法。

バランスボールで緑内障対策
 

バランスボールのメリットや選び方をご紹介します。

本日は、身体の歪み解消対策として、バランスボールの活用法をご紹介します。

なぜ、身体の歪み解消が緑内障対策につながるのかは、以下の記事をご覧ください:なぜリラックス・歪みの解消が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

バランスボールで身体の歪みを改善

バランスボールに座って簡単な動きをするだけで身体の歪みを改善。

今回は、バランス感覚やエクササイズの道具としてお馴染みの、バランスボールを使った身体の歪みの改善方法をご紹介いたします。
 

バランスボールとは?

バランスボールとは、直径20~120cmのサイズがそろうPVC素材(塩化ビニール)で作られた重加重にも耐えられるボールです。

Gボールやエクササイズボールとも呼ばれ、もともとは、病気などのリハビリや治療を目的に開発されました。

現在は、エクササイズやバランス感覚を身につける道具として、フィットネスクラブ、家庭、職場などで広く使われています。
 

バランスボールのメリット

バランスボールは椅子代わりに座るだけで、インナーマッスルを鍛えることができます。

球体で背もたれがないため不安定な状態になりますが、座る姿勢を維持することは、自然と腰・背中・腹部の筋力を強化することになり、正しい姿勢と骨盤のゆがみを解消する効果があります。

長時間のデスクワークが続く職場では、身体の歪みと腰の負担を軽減するためにバランスボールを椅子代わりに使うところもあります。
 

バランスボールの選び方

次に、バランスボールを選ぶ時のポイントをみてみましょう。

□ サイズの選び方

様々なサイズのあるバランスボールですが、身長と腕の長さから選ぶようにします。

実際に座り心地を試せるなら、座ったときに肘と膝が90℃に曲がるものを選びましょう。

□ 固さの選び方

バランスボールは硬さによって用途が違います。

本格的なフィットネスを目的にするなら硬いタイプ。
リラクゼーションが目的の場合は、やわらかいタイプを選びましょう。

近年では、バランスボールが傷ついても破裂しにくい二重構造のタイプもあります。
気になる方は破裂防止対策が施されているものを選ぶとよいでしょう。
 

バランスボールで歪みを改善

バランスボールで身体の歪みを改善する方法は、次のエクササイズになります。

(基本の座り方)

ボールの真上に座りお腹を軽く引き締めます。
肩の力は抜いて、頭が上に引っぱられるようなイメージで姿勢を保ちます。

1. 足を肩幅より広く開き、息を吐きながらお尻でボールを押すように腰を前に出します。
このとき腰だけを動かして足の位置は変えません。

2. 次は、反対に腰を後ろにつき出していきます。
これらの動きはおへそから下だけをゆっくり動かして、上半身は基本の姿勢をキープします。

3.1~2の動きを1分間続けることを1セットとして5回おこないます。

このエクササイズにより骨盤がほぐれて正しい位置に戻り、身体の歪みを改善するとともにインナーマッスルを鍛えることができます。

同じ要領で左右に腰を動かす運動や、交互に回転しても効果がえられるでしょう。

バランスボール初心者の方は、ボールの空気を少なめにしておくと身体への負荷が減ります。
また、慣れるまでは転倒に注意して使ってくださいね。
 

緑内障社長の一言コメント

少し空気を抜いたバランスボールに座ると、リラックス効果が高まります。リラックスは眼圧の低下につながりますので、ぜひご活用ください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら