身体の歪みは血行不良を引き起こします。

歪み解消で緑内障予防
 

緑内障予防に、血流改善。

体の歪みは、血管や臓器を圧迫する原因になり、血行不良や臓器の機能低下を引き起こしてしまいます。
実はこの体の歪みは、足裏からきているケースが多いのです。
本日は、歪みを解消して血行を改善する方法として、足裏の歪み対策方法をご紹介します。
なぜ、血行改善が緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 足裏が歪むとどうしてダメなの?

足の裏はいわば体の土台と言えます。
土台がグラグラしていると、その上にのっている脚や骨盤、上半身にもズレが出てきてしまうのです。

特に脚は、大小様々な骨と筋肉が組合わさって構成されているため、その一つに歪みが生じると連動する形で骨格が歪み、筋肉のアンバランスが引き起こります。

特に注意したいのが、扁平足や浮き指、外反母趾です。
これらのトラブルがある事で、正しい歩行が出来ず、「ねじれ歩行」になってしまいます。
体がねじれた歩行は、大転子や骨盤を外に開かせ、重度の場合、首まで歪ませてしまうのです。
体の歪みを解消するためには、足裏のケアは必須なんですよ。
 

2. 足裏の歪みチェック方法

それでは、まず自分の足裏が歪んでいないかチェックしましょう。
確認すべき事は、足裏のアーチです。

このアーチが高くもなく低くもなく、正常な形になっている事が大切です。
足裏のアーチが崩れると、扁平足や外反母趾などより深刻なトラブルを引き起こしたり、ねじれ歩行になってしまいます。

歪みをチェックする方法は以下の通りです。

・ボールペンを用意しましょう。

・用意したペンを足裏の中央に足と十字を描くように置いて、立ちます。

・ペンを踏んでも痛みを感じないのなら、足裏の歪みを心配する必要はありません。

・ペンを踏んで痛いと感じた方は、足裏のアーチが低く、扁平足になっている可能性があります。

・ペンが足に触れない方は、足裏のアーチが高くなってしまっている状態です。
 

3. 足裏歪み解消ストレッチ

足裏に問題があった方は簡単なストレッチで対策ができます。
ストレッチを行う事で、足裏の筋肉量を正常化したり、硬くなった足底筋を柔らかくほぐす事ができます。
以下にストレッチ方法を2つご紹介いたします。
 

足指じゃんけん運動

やり方はとても簡単で、足の指でグー・チョキ・パーを繰り返し行います。

グーの時は思い切り指を閉じて丸めます。
パーでは指を最大限に開いてください。
チョキは、親指を上に突き出し、残りの4本の指を下に下げます。

3本指靴下を履いて行うとより効果が得られますよ。
 

タオル引き寄せ運動

ハンドタオルを用意し、足元に広げて置きます。
立った状態で、足の指全てを使ってタオルを体側に引き寄せてください。
引き寄せ終わったら元の状態に戻し、同じ動作を繰り返します。
10回を目安に行うと良いでしょう。

最後に
特にヒールの高い靴を履いている女性や、本来の足のサイズに合っていない靴を履いている方などに、足裏の歪みが多く見られます。
また、運動不足も足裏の歪みの原因になります。
今回ご紹介したストレッチを行うと同時に、靴選びにもしっかり気を配ってくださいね。

 

緑内障社長の一言コメント

タオル引き寄せ運動も、足指じゃんけん運動も、やってみると、とても気持ちが良いです。ぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら