緑内障予防にはリラックスすることが大切です

自律訓練法で緑内障予防
 

自律訓練法を応用してリラックス!公式を作る時の5つのヒント

いつでもどこでも自分をリラックス状態に整える事ができる方法が自律訓練法です。

不眠の解消や自律神経を整えるのに効果的ですが、それ以外にもあがり症や赤面症、肩こりなど様々な症状の改善に効果を期待する事ができます。

眼圧は緊張することで上がりますので、リラックスすることで緑内障予防にもつながります。

そのためには、自律訓練法を応用して自分に合った公式を作り出す事が必要です。

今回は自律訓練法の上級者編として、公式を作る時のコツをお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 温感や重感を公式に入れると効果的

何らかの症状を改善したい時に取り入れると効果的なのが、温感や重感です。

例えば消化不良を改善したい時は「下腹部が温かい」、睡眠障害の時は「温かくて眠くなる」、頭痛がする時は「頭が涼しくて軽い」というように、公式の中に温かい・涼しい・重たい・軽いなどを入れるのです。

温感や重感は基本公式にも入っており、比較的感じやすい感覚であるため、公式を体にインプットしやすいからです。

 

2. 予期不安が強い時は「~は気にならない」という公式を使う

自分にとってコンプレックスになっていたり、その事象について過剰にとらわれているとその言葉を聞いただけで症状が悪化してしまう時があります。

例えば、赤面症の人が「顔が赤くならない」、不眠の人が「眠れる」という公式を唱えると、逆に予期不安が強まって、ますます赤くなったり、眠れなくなります。

そんな時は、「赤くなっても気にならない」「眠れなくても平気だ」という公式が有効になります。

そうすると心の緊張がとれて、症状を改善する事ができるのです。

 

3. 意識し過ぎてうまくいかない時はあえてその症状を公式に使う

同様に意識し過ぎて自律訓練法がうまくいかない時は、その症状を改善しようとする公式ではなく、その症状を公式と唱えて、あるがままの自分と向かい合うようにすると効果があります。

失敗を恐れている時は「恥をかいてもかまわない」、赤面症の時は「私は人前で赤くなろう」というように公式を作るのです。

すると、他人によい所を見せたい、恥をかきたくないという心の緊張がとれて、症状が改善しやすくなります。

 

4. 習慣化したい時は特定の条件を公式に入れると効果的

症状を習慣的に改善したい場合は、公式の中に特定の条件を入れるようにすると効果的です。

例えば、「布団の中に入ると、眠くなる」といったように改善したい症状と条件をセットにするのです。

条件をセットにする事で、より体にインプットしやすくなるんですよ。

 

5. 悪い習慣をやめたい時は「~しないでいられる」という公式を使う

飲酒やタバコなど悪い習慣がなかなかやめられない時は、「~しないでいられる」という公式を用いると効果的です。

例えば「他の人がタバコを吸っていても、私は吸わないでいられる」というような公式を作るのです。

ただし、この場合極端な公式にすると自分の中の葛藤が大きくなってしまうので、最初は「半分吸うと満足して吸いたくなくなる」といったように緩い公式にするようにしましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

極端な公式で自律訓練法を行うと、自分の中で矛盾が起こり、心身が緊張した状態になってしまいます。今回ご紹介した方法を公式の中に取り入れて、自分にストレスのかからない範囲で緩やかに行うようにしてみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら