不足しやすい食物繊維!水溶性食物繊維の5つの効果と含有食品

食物繊維で緑内障対策
 

老化防止による緑内障予防には、腸内環境の改善を

老化と共に上がる緑内障の発症・進行確率。

老化予防には、腸内環境の改善が効果的です。

お腹の調子を整えてくれる健康によい栄養素の代表格が食物繊維です。

健康だけではなく、美容やダイエットなどにも幅広く利用される成分ですよね。

ですが、ただ食物繊維を摂ればよいという話ではないそうです。

2種類存在する食物繊維をバランスよく摂取する事がとても大切なのです。

今回は、食物繊維の中でも、水溶性食物繊維にスポットを当ててその特徴や効果、含有される食品についてお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 食物繊維には2種類存在する

食物繊維には、2種類存在します。

それは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維です。

この2つは同じ食物繊維なのですが、体内での働き方が異なっており、どちらかに偏った食物繊維の摂取をすると便秘などを悪化させてしまいます。

特に食物繊維といえば葉っぱ系の野菜のイメージが強く、サラダを食べる方も多いですが、葉っぱ系の野菜やごぼうには不溶性食物繊維が多く含まれます。

そのため、日本人は水溶性食物繊維が不足傾向にあるのです。

 

2. 水溶性食物繊維の特徴

水溶性食物繊維は、植物の細胞内の貯蔵物質や分泌物から由来します。

文字通り、水に溶ける性質を持っており、水分を吸収するとゼリー状に変化します。

そのため、水を保持する機能を持っている事が特徴です。

また、ゼリー状となる事で、体内に存在する様々な物質を吸着させる性質もあるんですよ。

 

3. 水溶性食物繊維の効果

水溶性食物繊維は、水分を保持してゼリー状となる事で、様々な健康効果を人体にもたらしてくれます。

水溶性食物繊維の効果は次の通りです。

 
・便秘の解消

水溶性食物繊維は、便に水を呼び込み、軟らかくして排泄しやすくしてくれます。

そのため、コロコロとした硬い便やストレスが原因となる便秘の解消に効果的です。

 
・腸内環境の改善

水溶性食物繊維は腸内で発酵し、善玉菌を増加させる効果があります。

 
・血糖値の上昇抑制

食事の前に水溶性食物繊維を摂取する事で、血糖値の上昇を抑制する事ができます。

血糖値の上昇を抑制する事で、糖尿病など様々な生活習慣病を予防する事ができますよ。

 
・高血圧の予防

水溶性食物繊維には、食品に含有されているナトリウムを吸着して、排出する作用があります。

ナトリウムは血圧を上昇させる作用があるため、水溶性食物繊維の摂取によって高血圧を予防する事ができます。

 
・コレステロール値の低下

水溶性食物繊維は体内の余分なコレステロールを吸着して排出してくれます。

食前に水溶性食物繊維を摂取する事で、コレステロール値を低下させる事ができます。

 

4. 水溶性食物繊維を多く含む食品

水溶性食物繊維は、主に海藻類やキノコ類に豊富に含有されています。

また、ネバネバした性質の食品にも多く含まれ、オクラや納豆、やまいもも水溶性食物繊維の摂取に適しています。

玄米が健康に効果的と言われていますが、玄米は不溶性食物繊維を多く含有します。

主食で水溶性食物繊維を摂取したい時は、もち麦などの大麦を食べるようにするとよいでしょう。

 

緑内障社長の一言コメント

日本人は食生活の変化とともに食物繊維が不足傾向にあり、特に水溶性食物繊維の不足が深刻となっているそうです。
不溶性食物繊維ばかり摂取するとコロコロ便が悪化し、便秘をこじらせてしまうとのこと!
サラダを食べる時は、海藻やキノコも一緒に摂取したり、ゆでたもち麦を混ぜて食べるようにするとバランスよく食物繊維を摂取する事ができるそうです。
どうぞお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら