高評価続出!「かけがわ桔梗整体」の大石哲司先生に伺う日常的なストレッチの重要性


 

緑内障は原因不明の病気ですが、その原因の一つと考えられているのが眼圧の高さ。

ネットのレビューや口コミで高評価続出中の「かけがわ桔梗整体」の大石哲司先生は、頚椎1番のずれが影響すると視神経が圧迫され、眼圧が高い状態になりやすいと考えていらっしゃいます。

それでは頚椎のずれはどのようにしたら日常的にケアできるのでしょうか?

 

「かけがわ桔梗整体」の大石哲司先生に伺う日常的なストレッチ方法

首周りのストレッチ

まずは首回りの日頃のストレッチが大切です。

1.両手を後頭部に回して頭を前に倒し、首の後面を伸ばします。

2.次に右手を左の側頭部に回して右肩の方に頭を倒し、今度は左手を右の側頭部に回して左肩の方に頭を倒し、首の両側面を伸ばします。

(※いずれも首筋が伸びていることを感じながらストレッチしてください)

3.続いて両方の鎖骨のすぐ下のくぼみの部分に指を添え、強すぎない程度の力加減で抑え、アゴを突き出すように上に向けながら伸ばし、首の前面を伸ばします。

(※首を伸ばしているカメのようなイメージで行うと分かりやすいかもしれません)

肩甲骨回りの体操

最後に肩甲骨回りの体操です。

1.両方の肩先にそれぞれ両手を添え、肩回しの体操をします。

2.前に回したり、後ろに回したりを繰り返します。

(※この時に要注意なのが肩を回すのではなく、肩甲骨を意識して回すこと。肩甲骨回りの筋肉が動いているのが感じられ、想像以上にハードな体操です)

いずれのストレッチや体操も回数にこだわらず、ゆっくりとしたペース&心地よいと思える範囲で続けてください。

 
これらのストレッチは今までにもよくテレビや雑誌などで取り上げられているので、「今さら…」と思われるかもしれませんが、実際に続けられている方は少ないのではないでしょうか?

大石先生の施術院には掛川市内はもちろん、静岡県内外からの遠方のお客様も多いのですが、皆さん痛くなってから駆け込んで来るとのこと。

そんなお客様を数多く診てきた先生は、痛くない時でもこういったストレッチや体操を日頃からセルフケアとして続けることが、予防の近道であり治りやすい身体作りに繋がるとおっしゃっています。

足腰の筋力アップと股関節の柔軟性の体操

さらに足腰の筋力アップと股関節の柔軟性に関わる体操も教えていただきました。

1.両足を肩幅よりかなり広めに広げます。

2.腰を曲げない状態のままで腰をゆっくりと下げます。

3.下げきったら今度はゆっくりと元の位置に腰を上げます。

(※お相撲さんがしこを踏む姿勢で、上げ下げがきつい方は姿勢をキープするだけでもOK)

このような体操で筋力を鍛えるのは、基礎代謝を上げる意味でも大切ですが、その人の体調に合わせて毎日でなくてもいいとのこと。

アスリートは毎日ハードなトレーニングを行っているように見えますが、クールダウンの日も取り入れているそうです。

「超回復」のメカニズムによると、運動によって傷ついた筋繊維を修復するには2~3日かかることがありますから、「毎日やらなくちゃ!」と頑張る必要はありません。

運動が三日坊主で…という人も、これならスローペースで続けられそうですね。

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

かけがわ桔梗整体のご案内


 
HP:
https://kikyou-seitai.jimdo.com/

掛川市連雀4-8

TEL:0537-26-9090
営業時間:9:30~20:00(最終受付19:00)
定休日:日曜日・祝日

「かけがわ桔梗整体」の大石哲司先生より一言

当店は「ご来院いただいたからには一度の施術で痛みを取り除く」ことを心がけ、環境や生活習慣や姿勢などから、なぜそういう症状なのか?を見抜いて施術しております。

皆さまにはストレッチ方法などもお伝えしておりますが、症状がつらくなったり身体のバランスを崩す前に定期的なメンテナンスも大切です。

痛みがひどい方はもちろん、痛くないうちに治りやすくなる身体作りをお手伝いいたします。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら