膝の痛みと血流促進を同時に叶えるスライド運動

スライド運動で視神経強化
 

運動をしたくても膝の痛みのせいで思うように動けないとお悩みの方は大勢います。
特に加齢によって膝に炎症を起こしてしまう変形性膝関節症に罹患すると、歩く事すらままならなくなります。

実はこの変形性膝関節症は穏やかな運動によって改善する事ができます。
今回は、膝の痛みで運動がままならないという方に、痛みと血流改善を同時に叶えるスライド運動の方法をお伝えいたします。

 

膝の痛みの正体

膝は歩行の際にクッションの機能を果たすため、負担がかかりやすく、加齢によって軟骨や骨が擦り減り、剥がれた軟骨の欠片が膝関節の袋に突き刺さります。

すると、この軟骨の欠片を敵とみなしてNF-KappaBという免疫系に関わる因子が、自分の細胞に総攻撃をしかけてしまうのです。
つまり、変形性膝関節症の痛みを改善するためには、軟骨の欠片を除去し、NF-KppaBが過剰反応しない環境を整えてあげる事が必要になります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

膝の痛みがある場合は穏やかな運動が効果的

剥がれた軟骨の欠片を除去するためには、血流を促進し、膝の内部の循環をよくしてあげる事が有効です。

血行を促進するためには、運動が効果的なのですが、実はここにちょっとした落とし穴が存在します。

実は普通の強度の運動や激しい運動は、NF-KappaBを刺激して活性化させ、痛みを増悪させてしまうのです。
つまり、膝の痛みを解消するためにはNF-KappaBを刺激しない程度の穏やかな運動が必要になります。

 

スライド運動の方法

そこで、膝の痛みを解消するために順天堂東京江東高齢者医療センターの黒澤先生によって考案されたのが、スライド運動です。

スライド運動の方法は以下の通りとなります。

・スライドさせやすいように靴下を履き、椅子に浅めに座ります。
・この状態からまず、右足を前後に5秒かけてスライドさせてください。
・スライドさせる時は膝をゆっくり動かすように意識しましょう。
・右足を10往復スライドさせたら、同様に左足を10往復スライドさせます。
・これを3セット繰り返し、一日あたり朝と晩の2回行うようにしてください。

 

お皿マッサージの方法

変形性膝関節症ではないものの、膝の痛みを呈する方も多数いらっしゃいます。
こういう方々は、膝周辺の筋肉が凝り固まって膝の血行が悪くなっている傾向があります。

最後に膝のこりを解して膝の痛みを解消するお皿マッサージの方法をお伝えいたします。

・膝を伸ばして、リラックスした状態で床に座ります。
・膝のお皿を上下方向、左右方向、斜め方向に指の腹をスライドさせるように押し揉みしましょう。
・マッサージをしていて痛みを感じる場所は、特に重点的にマッサージしてください。
・一回あたり3分を朝と晩の一日2回行いましょう。
・ただし膝が腫れている場合などは、マッサージは控えてください。

 

緑内障社長の一言コメント

運動は健康の維持に必要不可欠ですが、痛みがある時に無理をしてしまうと逆効果になってしまいます。
膝に痛みがある場合は、まずは痛みを解消するための運動を行う事が大切です。
スライド運動は膝に負担の少ない運動ですので、運動が困難な方は、取り入れてみては、いかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら