【老化予防で緑内障対策】生はちみつのパワー

普通のはちみつとは違う!?スーパーフード生はちみつで老化防止

生はちみつで緑内障予防
 

生はちみつという言葉をご存知でしょうか?

実は今、生はちみつはスーパーフードとして新しく注目を集めています。

はちみつよりも栄養価が高く、腸の健康や老化防止に効果的と言われています。
今回は、生はちみつとは何のか、その効果や摂取量についてお伝えいたします。

 

生はちみつとは

通常スーパーなどでよく見かけるはちみつは、加熱・精製処理されています。
加熱・精製処理をする事で、熱に弱い酵素や栄養素が失活し、はちみつそのものの栄養価が低下してしまいます。

一方で生はちみつとは、加熱処理や精製処理を行わずにパッケージングされます。
現状では、46度以下での低温殺菌やろ過されたものも、生はちみつに分類されていますが、生はちみつの効果を最大限得るためには加工処理をしていない商品を選ぶようにしましょう。

いずれにしても、通常の加熱処理や精製工程を経ない事で、はちみつ本来の栄養素を失う事なく、摂取する事ができるのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

生はちみつに含まれる栄養素

生はちみつには、多種多様な栄養素が含まれています。

特に通常の加工処理されたはちみつと比較して多く含有されている栄養素が、「ビタミン類」「ミネラル類」「抗酸化物質」「酵素」「有機酸」です。

ビタミンとミネラルに関しては、老化防止の要とも言える代謝の促進に欠かせない栄養素です。

また、色素由来成分であるフラボノイドを豊富に含んでおり、フラボノイドは細胞を劣化させる活性酸素を除去する働きを有しています。

そして、特筆すべきは、有機酸の一種であるグルコン酸の含有量です。
生はちみつに豊富に含まれている有機酸のおよそ7割を占めるのが、グルコン酸なのです。
グルコン酸の効能については次項で詳しくご説明いたします。

 

グルコン酸の効果

生はちみつに特に多く含有されているグルコン酸ですが、グルコン酸にはプレバイオティクスとしての一面があります。

プレバイオティクスとは、腸内の善玉菌のエサとなって、善玉菌優勢の状態に腸を整える食材の事を指し、その代表がオリゴ糖です。

グルコン酸は、有機酸の中では唯一プレバイオティクスに分類される成分であり、腸内でビフィズス菌を増やす作用を有します。

この作用によって、腸内腐敗の抑制、ビタミンB群の生成、便秘の解消、免疫力の強化、がん予防など多岐にわたる効果を人体にもたらしてくれます。

これらの効果を得るためには、生はちみつを1日あたりスプーン大さじ1杯程度摂取する事が推奨されています。

 

緑内障社長の一言コメント

生はちみつは加工処理を経ない事で、老化防止に効果的な成分を生きた状態で摂取する事ができます。
また、健康効果だけではなく、パックや傷の消毒などバリエーション豊かに利用できるのも魅力の一つです。
天然の物をそのまま使用するため、生はちみつは信頼あるメーカーの物を購入するとよいかと存じます。