脂溶性ビタミンと水溶性ビタミン。

目に良い環境整備
 

緑内障対策の為、ビタミンの違いを活かしましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 ビタミンの性質について
 知ってみましょう

■━━━━━━━━━━━━━━━■

ビタミンには、
脂溶性と水溶性の2種類があります。

それぞれ、摂取の仕方に
注意があります。

今日は、その違いと注意点を
ご覧いただいて、普段の摂り方の
ご参考になさってください。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

ビタミンには、脂溶性と水溶性の2種類があります。

ビタミンには、
脂溶性と水溶性の2種類があります。
 

脂溶性ビタミンの摂取の注意点。

脂溶性ビタミンは、
ビタミンA、D、E、Kなどです。

体内にとどまる性質があるため、
摂取量には上限があります。

ビタミンA等のサプリメントを
過剰摂取することのないように
ご注意ください。
 

水溶性ビタミンの摂取の注意点。

水溶性ビタミンは、
ビタミンB群、葉酸、ビオチン、
ビタミンCなどです。

体内にとどめておけないため、
脂溶性ビタミンとは異なり、
過剰摂取の心配は
基本的にありませんが、
大量に摂取しても、
使われなかった分は
排出されてしまいます。

そのため、
食事のたびに
こまめにとるようにしましょう。

また、
水に溶け出す性質があるので、
洗ったり、ゆで汁を捨てるような
調理は避けましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

料理の際などに、水溶性かどうかを知っていると便利です。いずれにしても、一度にたくさん、よりも、こまめに、が良さそうです。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら