目のトラブルの元凶!スマホ老眼を予防するための5つの方法

スマホと緑内障対策
 

今、幅広い年代で問題となっているのが、スマホの使いすぎによるスマホ老眼です。

スマホの画面を長時間見ていると、目のピントを調節している毛様体の筋肉が硬直し、かすみ目や疲れ目など様々な目の不調を訴えるようになります。

さらにスマホ老眼は、緑内障の発症リスクを高めてしまいます。

そこで、今回はスマホ老眼を予防するための対策方法についてお伝えいたします。

 

30cm離してスマホを見る

近距離でスマホの画面を見ていると、毛様体筋の緊張状態が続き、目に大きな負荷がかかります。
さらにスマホから出ているブルーライトによって目への負担はさらに大きくなります。

スマホ老眼を防止するためには、スマホを使用する時、30~40cmほど離して画面を見るようにしましょう。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ブルーライトカット眼鏡をかける

スマホから出ているブルーライトは非常に強い光で、緑内障や白内障、網膜剥離など目の病気のリスクを高めると言われています。

さらにブルーライトは睡眠に必要なメラニンの生成を抑制してしまうため、不眠の原因にもなります。
スマホから目を守るためにもブルーライトをカットしてくれるパソコン用の眼鏡を着用してスマホを見るようにしましょう。

また、スマホの画面に貼ってブルーライトをカットしてくれる保護シートもあるので、利用するとよいでしょう。

 

20-20-20-20エクササイズを取り入れる

スマホ老眼を防止するエクササイズの一つに、米の医師が提唱した「20-20-20-20」ルールがあります。

20-20-20-20とは、スマホやパソコンを使っている時に20分おきに20フィート(約6m)離れた場所を20秒間見つめながら20回まばたきをするというエクササイズです。

視線を定期的に遠くに外す事で毛様体の緊張を緩和し、まばたきをする事でドライアイを防止できます。

 

スマホの明るさを調節する

今あなたの使っているスマホの画面はどれくらいの明るさですか?

検索画面など白い画面を出して、ライトの様な明るさを感じるのであれば、光が強すぎて目の負荷が強い状態です。
逆に白が灰色に見えるようであれば、画面が暗すぎる状態で、こちらも目によくありません。

スマホの設定画面で、明るさを調節し、目の負担が少ない環境を整えましょう。

 

入浴時にホットアイマスクをする

疲労した毛様体の筋肉をほぐすには、入浴時のホットアイマスクがおすすめです。
40度に設定したお風呂のお湯につかりながら、お湯で温めたホットタオルを目にあててパックしましょう。

ホットアイマスクをする事で、涙を目に留めてドライアイを防止するマイボーム腺の機能を高める事ができます。

 

緑内障社長の一言コメント

スマホを使う時に少しの工夫をする事で、目の負担を緩和する事ができます。
特にブルーライトカット眼鏡は数千円と比較的安価で手に入れる事ができるため、スマホやパソコン作業のお供として持っておくとよいかと存じます。
また、20-20-20-20エクササイズは簡単に取り入れられ、かつ効果の高い対策法となるので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら