【血流改善で緑内障予防】つまむだけ健康法とは

力は必要なし!つまむだけで血流をアップさせる方法

つまむだけ健康法で緑内障対策
 

血流をアップさせるには、マッサージや運動が必要だと思っていませんか?

実はマッサージも運動もせずに血行を良くする方法があります。
それが、つまむだけ健康法です。

気になる部分をつまむ事で血流をアップさせる事ができるため、誰でも簡単に続ける事ができます。
今回は、つまむだけ健康法の効果や方法、注意点についてお伝えいたします。

 

つまむ事で得られる効果

皮膚の下には、毛細血管が存在し、そのさらに下には動脈や静脈が位置しています。

皮膚をつまむと皮膚の下に存在するこれらの血管を刺激する事ができます。

整膚学においては、皮膚をつまんで優しく引っ張る事で、動脈が拡張し、その連鎖反応として毛細血管の血流が促進されると考えられています。

また、つまんだ皮膚を元に戻す過程では、リンパ液の流れや老廃物の排出がスムーズに行われるようになります。
つまり、つまむだけ健康法を行う事で、血流が滞りやすい末梢血管の流れを改善する事ができるのです。

末梢の血流がアップする事で、冷え症の解消や筋肉のこりの緩和に効果が期待できます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

つまむだけで血流をアップさせる方法

それでは、実際につまむだけ健康法のやり方について見ていきましょう。

・基本的には手の親指と人差し指で皮膚をつまんでいきますが、部位によっては指の本数を追加してつまむようにしてください。
・親指と人差し指の腹を使って皮膚を中央に寄せるようなイメージで、指と指の間に丸い山ができるようにつまみます。
・決して圧力をかけてつまむのではなく、痛みを感じないように優しく皮膚を中央に寄せてください。
・皮膚を中央に寄せたらそのまま優しく上に皮膚を引っ張り上げます。
・指にはできる限り力が入らないように気をつけましょう。
・皮膚を引っ張り上げたら、指を添えたままゆっくりと皮膚を元に戻してください。
・各部位15回を目安につまみます。

 

つまむだけ健康法の注意点とポイント

つまむだけ健康法で気をつけなければならないのが「痛くしない」という事です。

少しでも痛みを感じる強さでつまんでしまうと、皮膚のすぐ下に存在する毛細血管に傷がつき、逆効果となってしまいます。

また、揉んだり、圧力をかけてもいけません。
あくまでも皮膚を中央に寄せて優しく引っ張り上げるという要領で、行うようにしてください。

少し物足りなさを感じるかもしれませんが、優しく行う事で副交感神経を刺激してリラックス効果を得る事もできるんですよ。

 

緑内障社長の一言コメント

筋肉がこっている部分はどうしても強く揉んでしまいがちです。
しかし、血流を良くするためには、揉んだり圧力をかけるのは逆効果となり、優しくつまむ事こそが効果的とのことです。
お腹をつまむと腸を刺激して便秘解消にも効果があるそうです。ぜひ一度お試しください。