赤ちゃんの真似で体幹を鍛える!起き抜け寝返りストレッチの方法

寝返りストレッチで緑内障予防
 

血流をよくするために効果的なのが、朝起き抜けのストレッチや姿勢を維持するために重要な体幹部分の筋力アップです。

この2つを同時にできるのが、赤ちゃんの動作を真似した起き抜け寝返りストレッチです。

実は赤ちゃんの真似をしたトレーニングは、スポーツ選手なども取り入れている方法なんですよ。
今回は、起き抜けにすぐできる寝返りストレッチの効果と方法についてお伝えします。

 

血流改善には起き抜けのストレッチがおすすめ

血流をよくするのに効果的なのは、朝の起き抜けにするストレッチです。

朝は体温が一番低く、自律神経を切り替える時間帯です。
この時間帯にストレッチをして体を動かすことで、自律神経の切り替えがスムーズに行え、一日の体温を高めることができます。

自律神経のバランスが整い、体温が上昇することで血液が流れやすくなるんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

赤ちゃんの真似は体幹を鍛えるのに最適

体幹部分は普段の生活では鍛えにくいため、意識的に鍛えることが大切です。

体幹部分の筋肉は姿勢を維持するために重要な役割を果たしているため、姿勢を正して体の循環を正常に保つためにも、しっかりと鍛えなければなりません。

体幹を鍛えるのに効果を発揮するのが、赤ちゃんの真似です。
赤ちゃんは手足を上手に動かせないため、体幹を使って寝返りなどを行います。

また、赤ちゃんの動きには無駄がないため、効率よくトレーニングを行えるんですよ。

 

寝返りストレッチは腹筋と背筋をバランスよく鍛えられる

赤ちゃんの寝返りを真似したトレーニングが、寝返りストレッチです。

体幹は、腹筋と背筋をバランスよく鍛えることが大切です。

寝返りストレッチは、腹斜筋や腹直筋、腹横筋などの腹部の筋肉と一緒に、脊柱起立筋などの背中部の筋肉を鍛えることができます。

 

起き抜け寝返りストレッチの方法

起き抜け寝返りストレッチの方法は次の通りです。

・朝目が覚めたら、仰向けになって手をバンザイするような形で手足を真っ直ぐに伸ばします。
・両手足を伸ばしたまま、左肩を右腰方向へと回転させるようなイメージで手足の反動をつけずに体を捻ります。
・足はできるだけ最後にまで残して背骨をしっかりとねじり、うつぶせになります。
・次にうつぶせ状態から左肩を右床方向へと回転させて、腹筋と背筋だけ使って仰向けに戻ります。
・このときも先ほどと同様に、足を最後まで残してしっかりと背骨をねじるようにしましょう。
・左右3回ずつを目安に行ってください。
・両手足を床から少し浮かせるようにすると、さらに負荷を大きくすることができますよ。

起き抜け寝返りストレッチを行うときは、手足の反動を使わず、腰を反らさないように注意してください。

 

緑内障社長の一言コメント

今回お伝えした寝返りストレッチは、朝起きたときにそのまま布団の上でゴロゴロと行えるので、負担を感じずに続けることができます。
簡単そうに見えますが、体幹が衰えていると案外手足を使わずに寝返るのは難しいそうです。
赤ちゃんを観察して、ストレッチの参考にしてみるのもいいかもしれません。

参考
日経ウーマンオンライン


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら