【ストレス解消は緑内障予防】家族と分かり合うためのコミュニケーション術

家族だからこそ必要!分かり合うためのコミュニケーション術

コミュニケーション術で緑内障予防
 

家族は一番身近にある人間関係です。

そのため、家族で分かり合えなかったり、関係が悪くなると、安心してリラックスできる居場所がなくなってしまいます。

ですが、家族間のコミュニケーションが十分取れていないと感じている方はとても多いのが現実です。

それは、「家族だから」こそコミュニケーションを疎かにしてしまうからです。
そこで今回は、家族で分かり合うために必要なコミュニケーション術をお伝えします。

 

家族だからこそ「言葉」が必要

家族で分かり合うためには、家族だから無条件に分かってくれるという甘えを捨てることが大切です。
あ・うんの呼吸を信じるのではなく、しっかりと「言葉」で伝える努力が必要です。

いくら家族でも、自分以外の人間です。
言葉なしに100%理解することなどできません。

また、家族だからこそ「この人はこういう人間だ」という先入観で判断してしまいます。
お互いに理解し合うためには、まずは、家族だからこそ「言葉」で伝え合うようにしましょう。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

小さな変化と小さな感謝を積み重ねる

家族間ですれ違いを生んでしまう原因の一つに、「無関心」が挙げられます。

いくら関心を持っていても、それを伝えなければ、無関心と同じです。

家族が自分に関心がないと感じると、家庭内に居場所がなくなり、孤独感に苛まれます。

家族の小さな変化に気付いて声をかけ、小さな感謝をその都度伝え合うことは、相手の居場所を作ってあげるためにも大切なんですよ。

 

挨拶を軽視しない

「親しき仲にも礼儀あり」は家族にも言えることです。

挨拶は自分の存在を相手に伝えるとともに、相手の存在の確認や、コミュニケーションのきっかけにもなります。

挨拶を交わす習慣を家庭に作ると、自然と会話も増えるんですよ。

 

誕生日を大切にする

1年の中には様々なイベントがあります。
その中でも、特に大切にしてほしいイベントが家族の誕生日です。

誕生日を祝ってもらえると「自分はこの世に生まれてきてよかったんだな」と思えますよね。

お互いに誕生日をお祝いして自己肯定感を高め合うことで、理解し合える関係を育みやすくなります。

 

家族揃って食事をする時間を作る

家族の絆を深めるためには、1日1回は全員揃って食事をしたいところです。

最近では、「個食」や「孤食」が問題になっていますよね。
食事は、体だけではなく、心も育み、コミュニケーションのきっかけや関心を作ってくれます。

仕事や塾などで夜一緒に食べられないのなら、朝食を一緒に囲むなど、積極的に家族が揃う時間を作るようにしましょう。

 

コミュニケーションボードを用意する

時間的にバラバラの生活を送る家族であれば、コミュニケーションボードを使うのも一つの手です。

家族全員がよく使う冷蔵庫などにホワイトボードを用意して、それぞれの予定や連絡事項を書いておくのです。

そうするだけで、お互いに関心を持てるようになります。
また、コミュニケーションボードを使うと、普段伝えられないことも伝えやすくなりますよ。

 

緑内障社長の一言コメント

身近な人間であればあるほど、小さな積み重ねが重要です。
職場の人間や友達には、「ありがとう」や「ごめん」を素直に言えても、家族だからこそ言えないときもありますし、甘えてしまうこともあるかもしれません。
ですが、その甘えも積み重なると、家族のすれ違いを生んでしまう怖さもあります。
分かり合える家族になるために、小さな「言葉」のコミュニケーションを大切にするといいようです。