筋弛緩法で自律神経の乱れからくる不調を解消する方法(顔編)

筋弛緩法で緑内障対策
 

自律神経が乱れると、めまいや手足の震え、息苦しさや倦怠感など全身に様々な不快症状が出ます。

この不定愁訴を改善するためには、体を心の両方をリラックスさせて自律神経を整えてあげることが大切です。

自律神経を整える方法はたくさんありますが、セルフコントロールとして自律神経失調症などの治療にも取り入れられているのが、筋弛緩法です。

そこで今回は、筋弛緩法とは何なのか、基本的な方法やポイントとともにお伝えします。

 

筋弛緩法で自律神経をセルフコントロールしよう

筋弛緩法とは、筋肉の特性に注目した、セルフリラクゼーション方法の一つです。
1938年に、アメリカの精神科医であるジェイコブソンによって開発されました。

筋肉を意識的に緩めると、その部分の緊張がほぐれてリラックスするという原理に基づいた自律神経の調整法です。
自律訓練法よりも簡単で、緊張を感じたときにどこでも手軽に行うことができます。

筋弛緩法をマスターすることで、自律訓練法のコツも掴めやすくなるんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

筋弛緩法のポイント

筋弛緩法では、体に力を入れて一気に力を抜くことで、筋肉を強制的に弛緩させます。
基本的な動作のポイントは以下の通りです。

・5~8秒程度力を入れる
・力は7~8割程度の強さを目安にする
・力を入れた後、一気に脱力する
・力を抜く時間は10秒以上を目安にする

力を入れる時間よりも、力を抜く時間を多くすることがポイントになります。

筋肉を強制的に緩めることで心身をリラックスさせる手法ですので、力を入れたときと力を抜いたときの体の感覚を意識して、体から力が抜けていく感覚を楽しんでください。

 

筋弛緩法の方法

それでは、筋弛緩法の具体的な方法についてお伝えします。

今回は、基本的な方法で、場所を選ばずに行いやすい、顔の筋弛緩法のやり方を2つお伝えします。

 

顔の筋弛緩法(ひょっとこ顔)

まずは、ひょっとこ顔をして行う顔の筋弛緩法のやり方です。

・頭部の力を抜いて顔をリラックスさせます。
・口に力を入れてすぼめて、同時に上目遣いになって眉を頭方向に寄せるイメージでおでこにも力を入れます。
・5~8秒間力を入れたら、顔を脱力して口がポカンとなった表情で10秒以上休みます。
・このとき、顔全体の力が抜けていく感覚を味わってください。

 

顔の筋弛緩法(しかめっ面顔)

次に、しかめっ面で行う顔の筋弛緩法をお伝えします。

・頭部の力を抜いてリラックスします。
・奥歯を噛みしめて口を固く閉じ、顔全体を中心に寄せるようなイメージで顔全体に力を入れます。
・5~8秒間力を入れたら、顔を脱力して口がポカンとなった表情で10秒以上休みます。
・このとき、顔全体の力が抜けていく感覚を味わってください。

 

緑内障社長の一言コメント

筋弛緩法は、簡単ですが効果的に心身をリラックスさせられる方法です。
毎日行うことで、自分の緊張状態も素早く察知できるようになります。
筋弛緩法を行うときは、脱力していくときの心身が緩んで暖かくなる感覚を味わうようにするといいようです。

参考
「最新版 自律神経失調症の治し方がわかる本」 村上正人、則岡孝子 主婦と生活社
協会けんぽ 東京支部 健康サポート


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら