【ストレス緩和で緑内障予防】愛情指圧でβ-エンドルフィン分泌

β-エンドルフィンが分泌!愛情指圧でストレスを緩和する方法

愛情指圧で緑内障対策
 

β-エンドルフィンという物質をご存知ですか?

β-エンドルフィンは人に幸福感をもたらしたり痛みを緩和してくれる作用を持つ神経伝達物質です。
その効果から、脳内麻薬様物質とも呼ばれています。

実は、このβ-エンドルフィンは家族や夫婦で施し合う愛情指圧でも分泌されます。

そこで今回は、愛情指圧でβ-エンドルフィンを出す方法をお伝えします。

 

苦痛を和らげてくれる物質β-エンドルフィンとは?

β-エンドルフィンとは、神経伝達物質の一つです。

モルヒネと同じような働きをすることから、「体の中で分泌されるモルヒネ」という意味でエンドルフィンと名付けられ、脳内麻薬様物質とも呼ばれています。

β-エンドルフィンは、脳内で働き、快感や幸福感を人体にもたらします。
また、痛みを緩和する働きもあり、その作用はモルヒネの数倍とも言われています。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

β-エンドルフィンはどんなときに分泌されるの?

β-エンドルフィンは、日常の様々な場面で分泌されます。

例えば、出産のときやマラソンを長時間続けたとき、リハビリを行っているときにβ-エンドルフィンが分泌されて、苦痛を和らげてくれます。

「ランナーズハイ」は、β-エンドルフィンによる作用なんですよ。
そのほかにも、美味しい食事をしているときや性行為のときにも分泌されます。

 

指圧やマッサージでもβ-エンドルフィンが出る

β-エンドルフィンは、ある動作によって積極的に分泌を促進することができます。
それは、指圧やマッサージです。

指圧やマッサージを受けると気持ち良くて眠ってしまいますよね。
実は、それはβ-エンドルフィンが関係していたのです。

また、心の状態もβ-エンドルフィンの分泌に影響します。

・将来に希望を感じているとき
・何かに対して喜んで行動を起こすとき
・何かを積極的に受け入れようとしているとき

心が上記の状態にあるとき、β-エンドルフィンの分泌が促進されます。

 

愛情指圧でβ-エンドルフィンを出す方法

β-エンドルフィンの分泌に効果的なのが、家族や夫婦同士で行う「愛情指圧」です。

お互いに指圧やマッサージを行って労り合うことで、β-エンドルフィンが分泌され、苦痛が和らいで幸福感にひたることができるのです。

愛情指圧を行うときのポイントを以下にまとめます。

・自分から「マッサージしようか?」「辛そうだから指圧でほぐそうか?」などと声をかけましょう。
・指圧やマッサージを始めるときは、相手の体を優しくゆっくりとなでて「お疲れ様」と声をかけ、心と体の両方をほぐしてあげてください。
・指圧は指の力で押すのではなく、親指に真っ直ぐに体重をかけて、ゆっくり押すようにします。
・3秒かけて押して3秒かけて力を抜くようにするといいでしょう。
・指圧しているときは「力加減はどう?」「どこを押してほしい?」と会話によるコミュニケーションも忘れないでください。

 

緑内障社長の一言コメント

β-エンドルフィンを出すためには、気持ちが大切とのことです。
嫌々マッサージし合っても高い効果は得られないようで、お互いを労り合う気持ちを持って、コミュニケーションを取りながら、積極的に自分から行うことで、幸福感を得ることができるそうです。指圧をするときは、力任せに押すのではなく、優しくゆっくりと押すといいようです。

参考
厚生労働省 e-ヘルスネット
自律神経失調症の治し方がわかる本 村上正人、則岡孝子
夫婦図鑑