【ストレス解消で眼圧降下】人間関係を良好にする相づちの打ち方

これで会話上手に!人間関係を良好にする相づちの打ち方

相づちで緑内障対策
 

あなたは会話のとき、相づちをちゃんと打っていますか?

相づちは会話で信頼関係を築くために、とても重要な役割を果たしています。

そのため、適当に相づちを打っていると、相手からの信用を失う事態にもなります。

そこで今回は、人間関係を良好にするための正しい相づちの打ち方についてお伝えします。

 

相づちは大切なコミュニケーション手段

相づちは会話を進めるためになくてはならないコミュニケーション手段です。

自分が話をしているときに、相手が相づちを打ってくれないとどう感じますか?

「この人話を聞いてくれているのかな?」
「私の話に興味がないのかな?」

と感じますよね。

つまり、相づちは、相手に「私はちゃんとあなたの話を聞いていますよ」と伝えるために必要なのです。

それだけではなく、効果的に相づちを打つことで「私はあなたの味方ですよ」「あなたの理解者ですよ」と伝えることができます。

相づちの打ち方で、相手との関係は大きく変わってしまうんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

人間関係をダメにする相づちの打ち方

相づちを打つとき、「はい」や「ほんとですか?!」の繰り返しになっていませんか?

このように単調な言葉を繰り返すだけの相づちは、相手から嫌われてしまいます。

同じ相づちばかり繰り返していると、相手は「この人本当に話を聞いているのかな?」と不安になります。

また、「話の内容を理解してくれているのかな」「話に興味がないのかな」とマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

特に注意が必要なのが、せっつくような相づちです。

矢継ぎ早に「はい、はい」と相づちを打っていると、相手には「あなたの話は面白くないから早く話を終わらせてくれ」と受け取られてしまいます。

心のこもっていない相づちは、人間関係を悪くするだけなのです。

 

人に好かれるための相づちのポイント

それでは、人間関係をよくするためには、どんな相づちがいいのでしょうか?

人に好かれるための相づちのポイントは、次の3つです。

・相手が話しやすいタイミングで相づちを打つ
・感情を込めて相づちを打つ
・話を理解していることを相づちで伝える

人は話をするときに、「自分の話が相手にとって興味があるか」、「自分の話を理解してくれているか」、「自分に共感してくれるか」を気にしています。

この3つのポイントを押さえて相づちを打つことで、相手にとって最大の理解者になることができるのです。

 

口下手さんでもできる相づちの打ち方

相づちで人間関係を良好にするには、だいそれたテクニックなどは必要ありません。

実はちょっとした工夫をするだけで誰でも簡単に好かれる相づちを打つことができるのです。

人に好かれるための相づちの打ち方は、以下の通りです。

 

相手の言葉をそのまま復唱する

相手の話をしっかり聞いて、正しく理解していることを伝えるには、相手の言葉をそのまま復唱することが効果的です。

話の重要なポイントを抜き出して「○○だったんですね」と相づちを打つだけです。

仕事などでは、指示されたことを復唱する習慣をつけると、上司や同僚に信頼されやすくなりますよ。

 

相手の気持ちを自分の言葉で代弁してあげる

話を聞くときは、共感を示すことも大切です。

相手が辛い話をしているときは「それは辛かったですね」「さみしくなりますね」など相手の気持ちを代弁して寄り添ってあげましょう。

また、楽しい話のときは「よかったですね!」「私も嬉しくなっちゃいます」などと一緒に喜びを表現すると効果的ですよ。

 

相づちを打つときに相手の表情を真似る

相づちを打つときは、表情にも注意しましょう。

いくら共感を示しても無表情だと相手は「口だけだ」と感じてしまいます。

相手が嬉しそうに話しているときは、あなたも笑顔で相づちを打ちましょう。

相手が悲しそうなときや辛そうなときは、真剣な顔で相手に共感を示します。

相づちに表情をつけることで、より相手との心の距離を縮めることができますよ。

 

緑内障社長の一言コメント

相づち一つで相手は、もっと話したくもなりますし、逆に話す気が失せることもあります。
たった数文字の言葉で相手との関係が良くも悪くもなるとのこと。
会話に自信がない方は、まずは相づちの打ち方から変えていくとよさそうですね。

参考
「アドラー流 たった1分で伝わる言い方」戸田久美、岩井俊憲