緑内障に効く、ココアの3つの効果。

ココアで緑内障対策
 

脳の若返り、血流改善、リラックス効果で、緑内障予防。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ココアを飲んで
 緑内障を予防しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

あなたはココアを飲む習慣がありますか?

近年、その効果で脳やアンチエイジング、美容業界から注目を集めているのが、ココアです。

ココアといえば子供が飲むイメージが強く、大人になってからはあまり飲まなくなる方も多いですよね。

しかし、ココアこそ大人が積極的に摂取すべき飲料なんです。

今回はココアの驚くべき効能と効果を得るための正しい飲み方をお伝えいたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ココアに含まれる成分と、その効果:脳の血流改善、老化防止、リラックス。

ココアはカカオから作られ、豊富な栄養素を含んでいます。

ココアに含まれている成分の中でも、カカオポリフェノールやフラボノール、テオブロミン、食物繊維は複合的に作用し合って、人体の健康に大きく貢献します。

特に、各研究機関から注目されているのが、「脳の血流改善」「脳細胞の老化防止」「リラックス効果」の3つの働きです。

それでは、一体ココアはどうしてこれらの効果を示すのか、そのメカニズムを以下に解説していきます。
 

ココアによる、脳の血流改善について。

ハーバード大学の研究によって、ホットココアの摂取で脳の血流が促進され、記憶力や思考・認知テストの点数が向上する事が報告されています。

ココアに含まれているカカオポリフェノールには、血液中の活性酸素を除去して、血管の詰まりや脆弱化を防止する働きがあります。

また、ココアの苦み成分であるテオブロミンには、毛細血管の血流を促進する働きがあり、冷え症対策などでも研究が進められています。

これらの成分が複合的に作用しあい、脳や末端部位の血流量を改善する働きが得られると言われています。
 

ココアによる、脳細胞の老化防止について。

また、ココアには、細胞の老化自体を予防する効果もあります。

前述した通り、カカオポリフェノールには活性酸素を除去する抗酸化作用があるのですが、この抗酸化作用によって酸化による細胞の老化を阻止する事が出来るのです。

また、ココアにはフラボノールという成分も含有されています。

フラボノールは、BDNF(脳由来神経栄養因子)という、神経の成長を促進して酸化による細胞の壊死を防止する物質の生成量を増加させます。

これらの働きによって、脳細胞を老化から保護する事が出来るのです。
 

ココアのリラックス効果について。

カカオポリフェノールには、ストレスを受けると分泌される物質を除去する働きがあります。

また、テオブロミンは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促進して、体と脳をリラックス状態にさせる作用があります。

ココアを飲んだ時に「ホッとする」のは、これらの成分によってリラックス効果を得る事が出来るからなのです。
 

ココアの正しい摂取方法。

それでは、1日あたりどれだけ飲めばこれらの効果を得る事が出来るのでしょうか。

また、1日のどのタイミングで摂取するのがいいのか、どのようなココアを飲むべきなのか、以下にココアの正しい摂取方法を示していきます。
 

ココアを飲む量の目安:1日あたり1~2杯。

ハーバード大学の研究では、1日あたり2杯を一ヶ月継続した結果、脳の血流量の上昇や記憶力・思考力の向上が見られたと報告されています。

ですので、脳の機能改善を目的にするのなら、1日あたり2杯を目安にするのが良いでしょう。

ココアの効果をたくさん得ようとして、1日に5杯も6杯も飲もうと思う方もいらっしゃるでしょうが、ココアにはカフェインも含まれているため、大量摂取は健康に良くありません。

1日あたり1~2杯ずつを毎日飲むようにしてください。
 

ココアを飲むベストタイミングは朝。

ココアを飲むタイミングは、朝がベストでしょう。

前述した通りココアには興奮作用のあるカフェインが含まれているため、夜に飲むと睡眠を妨げる恐れがあります。
 

飲むべき種類はピュアココア。

砂糖入りのミルクココアなども販売されていますが、健康目的で飲むのならピュアココアを選ぶようにしましょう。

砂糖や牛乳などを使用するのではなく、甘味が欲しい時は腸内環境を良くするオリゴ糖を入れ、ミルク分が欲しい時はより低脂肪の豆乳を入れるようにすると良いです。
 

まだあるココアの効果:美容と冷え性改善。

最後に、今回ご紹介した効果以外にも、ココアには美容効果や冷え症改善などの効能もあります。

こんなにも効果があると知ったら、今すぐにでもココアを摂取したくなりますよね。

1日2杯程度で効果が見込めるので、手軽に始めてみてください。
 

緑内障社長の一言コメント

子供の頃、大好きでした。大人になって、ほとんど飲む機会もありませんでしたが、ピュアココアを、大人らしく嗜みたいと思います。生活に楽しみが増えた感じが嬉しいです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら