加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。

抗酸化成分の摂取タイミング
 

抗酸化作用を持つ栄養を活用して、緑内障に対抗するために、最適な摂取ポイントについてご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、抗酸化作用を持つ
 栄養成分の摂取に
 最適なタイミングについて
 考えるべきポイントを
 ご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。

老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。

老化は、細胞の酸化によって促されます。

その酸化の原因となる主なものが、活性酸素です。

(他にも紫外線、排気ガスなどの
有害物質によって細胞が酸化されます)

老化現象自体は誰にでも起こるものです。

しかし、緑内障の進行を抑えるために、
老化の速度を遅らせたいものです。

そのためには、活性酸素による体内の酸化を防ぐ
抗酸化作用を持つ栄養成分の摂取が役立ちます。

それでは、抗酸化作用を持つ栄養成分は、
いつ摂取するのが最適なのでしょうか?

緑内障社長のサプリメントのお客様からも、
サプリメントをいつ飲むべきか、というご質問を良く頂きます。

今回は、摂取タイミングを考える際のポイントをご紹介します。

(こちらもご参照ください:緑内障に良い栄養27を含む食べ物・食事をまとめました
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

抗酸化成分の摂取のために考えたいポイント3つ。

最適なタイミングは、実は食生活とのバランスなど、3つのポイントによって変わってきます。

そもそも、紫外線等によって発生した活性酸素は、体内の抗酸化酵素がまず除去しようとします。

それを上回る量の活性酸素が発生した場面で、体外から抗酸化作用のある成分を取り込むことで、そのままでは除去できない量の活性酸素を処理できると考えられています。

そこで、目指したい理想的な状態は、可能な限り、抗酸化成分を常に体内にとどめておき、体内の酵素だけでは処理できない場面でも抗酸化成分が補給され続けている状態となります。
 

ポイント1:食事で抗酸化成分をどの程度とれているか。

第一のポイントは、食事とのバランスです。

抗酸化成分が体内に補給された状態を、出来るだけ長くしたいと考えた際に、脂溶性の抗酸化成分であるビタミンEなどは、比較的長く体内にとどまります。
一方で、水溶性の抗酸化成分であるビタミンCなどは、比較的早く流出します。

この点で、野菜や果物など、水溶性の抗酸化成分を含む食べ物を、たとえば朝食でしっかりとれるが、夜はあまりとれない、という場合は、夜のサプリメント摂取がおすすめです。
たとえば、昼ご飯が外食が多く、野菜などが不足しがちであれば、その時間帯をおすすめします。

食事だけでは足りないタイミングが発生する時間帯に、サプリメントで補うことで、活性酸素に負ける時間を減らす、というイメージです。
 

ポイント2:活性酸素が多く発生する時間帯はいつか。

食事は三食ともに、比較的バランスよく取れている場合、次に、活性酸素が多く発生する時間帯にあわせる方法があります。

1日の生活の中で、たとえば強い日差しを浴びる時間帯がある場合や、仕事等で強いストレスを感じやすい時間帯がある場合などは、その直後の摂取がおすすめです。

発生直後は、体内の酵素がまず働き始めますが、それを上回るほどの活性酸素が発生した場合に、外部から補うイメージです。

活性酸素が特に多く増えるような場面・時間帯が一日の中で、決まっているという方は、その時間帯に摂取すると良いでしょう。
 

ポイント3:忘れにくい時間帯がベスト。

最後に、そもそも抗酸化作用を持つ栄養成分を、毎日きちんと補給することを忘れない、ということが大切です。

朝飲むと忘れにくい方は朝、寝る前が忘れにくい方は夜など、24時間に1度、きちんと成分を摂取することを、忘れないために、習慣化しやすい時間帯がおすすめです。

なぜなら、1度摂取を忘れてしまうと、次に抗酸化成分が体内に入るまで、活性酸素に負ける恐れがある時間が増えてしまうためです。
食事もきちんととれていて、特に活性酸素が多く発生する時間帯が決まっているわけでもない、という方は、「忘れない」ために覚えておきやすい時間帯がベストです。

お薬なども、本当は食後でなくても構わないけれど、飲み忘れを防ぐために、食後を指定するお医者様もいらっしゃいます。
同様に、たとえば朝食後などで習慣化することで、摂取忘れを防止できるのであれば、その時間帯で構わないということになります。
 

その他の細かなポイントについて。

抗酸化成分は、食後より食前などの空腹時の方が吸収率が高いと言われています。
とはいえ、食後であっても全く意味がないわけではありません(空腹時はより吸収率が良いというだけで、食後は全く吸収されないというわけではありません)。

従って、飲み忘れの防止や、食事では補給しにくい時間帯があるか、活性酸素が増えそうな時間帯があるかなど、上記のポイントをより重視して、タイミングを決めるほうが良いと考えます。
 

緑内障社長のサプリメントのご紹介。

栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
詳しくは、こちらからご覧ください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら