健康を考えて緑内障対策するための、ミネラルの基礎知識

緑内障とミネラル
 
カルシウムや鉄、亜鉛など健康にとって大切な役割を果たすのがミネラルです。

しかし、ミネラルが大切な事は分かっていてもそもそもミネラルとは一体何なのかご存知でしょうか?

健康に良いからといって摂取しすぎると逆に健康を損ねる事になるのがミネラルです。

今回は、ミネラルを賢く摂取するための、基本的な知識をお伝えいたします。
 

必須ミネラルは16種類

ミネラルは人体の様々な活動を行う上で重要な役割を果たしており、タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミンと並んで5大栄養素として考えられています。

他の栄養素とは違い、元素単体を指すため、ビタミンなどの有機物に対して無機物とも呼ばれます。

地球上には100種類以上もの元素が存在していますが、ミネラルは水素・酸素・窒素・炭素の4つを除いた元素の事を指します。

人体の約96%は水素・酸素・窒素・炭素からできており、残りの4%がミネラルとなっています。

非常に微量ですが体内では合成する事ができず、生命維持や健康には欠かす事のできない栄養素であるため、特に以下の16種類については必須ミネラルとして食品から摂取する必要があります。

・ナトリウム
・マグネシウム
・リン
・カリウム
・カルシウム
・クロム
・マンガン
・鉄
・銅
・亜鉛
・セレン
・モリブデン
・ヨウ素
・硫黄
・塩素
・コバルト

厚生労働省では、16種類の必須ミネラルのうち、硫黄・塩素・コバルトを除く13種類に関して摂取量を規定しています。

カルシウム・リン・カリウム・硫黄・塩素・ナトリウム・マグネシウムの7種類については、主要ミネラルとして1日あたり100mg以上の摂取が必要であるとされています。

特に日本人はカルシウムと鉄が不足傾向にあり、ナトリウムが過剰傾向にあるので気をつけましょう。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ミネラルの体内での役割

ミネラルは体内で主に3つの役割を担っています。
 
1.人体を構成する材料としての役割

カルシウムやリン、マグネシウムなどが当てはまり、骨や歯、細胞膜を構成する成分として働きます。
 
2.イオンとして生体機能を調整する役割

カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウム、塩素、リン、亜鉛などが当てはまります。

体内の浸透圧や酸性度の調整、筋肉の収縮や神経の情報伝達、血液の凝固などの機能を担っています。

そのため、ミネラルは脳の活性や精神の安定などに深く関与するんですよ。
 
3.タンパク質などの有機物の働きをサポートする役割

人体では酵素やビタミン、ホルモンなど様々な有機物が働いています。

ミネラルはこれらの働きをサポートする役割もあるのです。

マグネシウムやマンガン、銅、亜鉛、鉄、セレンなどは補酵素として酵素をサポートします。

コバルトはビタミンB12の働きを、ヨウ素は甲状腺ホルモンの働きをサポートする機能を持っています。
 

緑内障社長の一言コメント

ミネラルは微量な成分ですが、体の様々な機能に関係しているため、不足したり過剰にあると健康を大きく損ねてしまいます。

大切なのは、食材からバランスよく摂取し、不足している物はサプリメントを利用して補うという事です。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら