緑内障の方へのお勧めセルフケアを、整体サロンblueforest大野 卓哉先生に教えていただきました


 
身体の専門家の先生がご自身で心がけていらっしゃる体質改善方法、今回は、整体サロンblueforest大野 卓哉先生に伺います。

大野先生は、大手サロンで10,000人を超えるお体と向き合ってきたご実績をお持ちで、骨盤調整等、整骨と整体の確かな技術に基づいたリラクゼーションをご自身のサロン「整体サロンblueforest」にてご提供なさっています。

サロンを訪れた方からは、東京・高田馬場にありながら、まるで森の中にいるように、身体も心もほぐれ、一人ひとりの悩みに寄り添っていただける、と評判です。

視覚障害系の施術としては、普段は、黄斑変性や網膜剥離の方への施術が多いそうですが、適正な眼圧を保つための留意点や、目のケアの仕方など、共通点のある部分から、緑内障の方へのお勧めのセルフケアにつき、教えていただきました。
 

大野先生に伺う、緑内障の方へのお勧めセルフケア

(緑内障の方へのお勧めのセルフケア方法を教えてください)

はい。

まず、目の周辺の血行を良くする、リラックス効果のあるセルフケア方法ですが、目の周りを就寝時など暖かくしてあげることですね。

ありきたりと思われるかもしれませんが、シンプルで効果は高いです。

手軽なのは、ドラッグストア等で売られているホットアイマスクなどで暖かくして寝る方法です。

今は様々な香りの着いているホットアイマスクがありますので、ご自身の好きな香り、リラックスできる香りを楽しみながら温めてあげると良いと思いますよ。

香りによるリラックス効果をさらに高めるには、アロマなどを焚く、アロマディフューザーなどを使用するのも良いですね。

その場合、例えば妊娠中の方は使用を避けるべきオイル(例えばヒノキ)等、注意点がありますので、購入店のスタッフ等にご相談されることをお勧めします。

 
(首のセルフケア)

また、首や頸椎(首の骨)への負担が強いと、頭痛や目の負担となりますので、首のセルフケアをご紹介します。

しかし、首のストレッチや回す等の行為は、逆に負担をかけたり痛めるリスクがあります(軽く行う程度であれば、おススメなのですが、無理に力をいれたり、スッキリしないからと長く回しすぎたりすることが多いので注意が必要です)。

そこで、今回は別のケアの方法と注意点をお伝えします。

それは就寝時の寝方と枕です。

首を触った時、なるべく力がぬけていてリラックスできる様に寝てください。

それができていれば大丈夫です。

それができない場合は枕のクッション性、もしくは高低差があってない、相当疲労が蓄積している等の原因があげられるので枕の専門ショップで相談するか、個人的におススメなのはバスタオルなどで自分好みの高さや固さに枕を作ってしまうことです。

 
厚くたためば固く、高くできますし、その逆も自由にできますし、家にあるもので作れますからお金もかかりません。

また、ストレートネック等で首のカーブが少なく、疲労を蓄積しやすい方は、首の下にロール状にしたタオルを敷いて、カーブを少し作るようにします。

この時、頭が沈みすぎるときつく感じる方もいらっしゃいますので、ご自身の感覚で楽な高さになるように折りたたんで敷いてください。


 

横向きでしか寝られない方は、下にしている側の肩の位置にご注意ください。

多少肩が内に入るのは大丈夫ですが、枕が沈みすぎていると、肩が内に入りすぎて、首肩に力が入ります。

また、枕が高すぎると、首が辛くなります。

首がリラックスできる高さに調整し、できれば、たまには反対側の肩を下にして寝る日をつくると良いと思います。

1番悪いのはうつ伏せです。

普通の寝具だと、うつ伏せの場合、呼吸するために首をひねった状態で寝ると思いますが、それだと首、頸椎にかなりの負担がかかります。

うつ伏せでしか寝られない方は、最初はつらいかもしれませんが、少しずつ他の態勢でも寝る様にチャレンジしてみてください。

首が落ち着かないなら枕、腰が痛いなら足枕等を使い、それでも落ち着かないならその状態でアロマなども試すのもおススメです。

ストレスを感じすぎるのも問題ですから、自分のペースで少しずつで大丈夫ですよ。

 
(骨盤の歪みを予防する)

骨盤が歪んでしまう姿勢はたくさんあるのですが、足を長時間組むクセがある方は骨盤が歪みます。

骨盤と脊椎は繋がっており、骨盤は体重を支える土台のようなもの。

骨盤が歪んでバランスがくずれると、他の箇所がそれをかばおうとそこも崩れます。

骨盤が歪むことで、頸椎も歪み、頭痛や目の周りへの負担につながりますので、足を組まないようにするのはおススメです。

とはいえ、「わかってはいるんだけどね~・・・」と、ついつい足を組んでしまう方も多いと思います。

私のサロンでも、初めていらっしゃったお客様のうち、10人中7、8人位は、つい足を組んでしまう癖をお持ちです。

そうした方には、私は次のようにお伝えしています。

「いきなり足を組むクセを0にするのは、中々難しいから、0にするんじゃなくて組む回数を少しでも減らすように意識してください。
骨盤が改善するとと良い意味で身体が中身も見た目も変わりますので」

「別に組んだ瞬間にゆがむわけではないので、組んでしまって気づいたらパッと解除する、
疲れるなら10~15分に1度、数秒でも良いので屈伸、腰回す、ストレッチなどで身体を少し動かしてみましょう」

「減らす事ができるようになったら段々意識しなくても組まなくなってきますから」

そして、明らかに組む回数が減ったり、身体の調子が良くなったりしたら、何か自分にご褒美をあげる(先にご褒美の内容と、とりあえず何日までと決めておくのが良いですね)ことをお勧めします。

特に、意志が弱くて、あきらめてしまいがち、という方には、自分へのご褒美をかけたゲームのような感覚で行っていただくと楽しんで取り組んでいただけるのではないでしょうか。

そうする事で、体の歪みなどが改善していきますので、ご自分にあった形で取り組んでいただければと思います。

 
(カシスのアントシアニンで血流改善と水素水)

他に、目のためにお勧めしたいのがカシスです。

よくお酒やジャム等に使われる果物の、あのカシスですね。

カシスに含まれるアントシアニンが目の血流改善に効果があると言われています。

また、いくつかの病院での実験によると緑内障の進行を抑制する効果もあるようです(もちろん個人差はあるかと思われますが)。

アントシアニンはいくつか種類があり、ブルーベリー等にも含まれていますが、カシスに含まれている種類のアントシアニンが効果が高いといわれています。

また、こちらはまだ歴史が浅いので様々な意見がありますが、個人的におススメするのが水素水です。

芸能界やスポーツ界では愛用者が多いですね。

当店でも希望者に施術前後に無料で提供しているのですが、当店のお客様でも骨盤調整と合わせて摂取すると便通が良くなったとよくお聞きします。

個人的にも飲んでいて確かに便通は良くなった感覚はありますね。

また、活性酸素による酸化作用は、眼圧を高めたり、他の目の障害等の原因ともなりますが、水素は活性酸素を減少させる働きがあると言われています。

老廃物を体外へ排出させたり、整腸作用もあると言われているのでデトックス効果もたかいですね。

美容的にも、顔のシミ、しわ等、メラニン色素を活性酸素が酸化させることで起こるものがあります(加齢が原因のものもありますが)。

普段から飲み水としてとりいれるのもありかと思われます。

 
(緑内障の方への注意点)

ホームケアや治療院、サロンでケアを受けるときの注意点も少しお話します。

ご自身で目のツボを押す事があるかと思いますが、眼圧は外部からもかかるものですから、気持ちよいくらいの強さで、本人が思っているよりは少しだけ弱めに押してあげたほうが安全です。

また、どこか治療院や整体院、サロンで施術を受けるときは、必ず緑内障であることを伝え、眼圧がかからない施術をしてほしいと伝えましょう。

できれば毎回カルテをちゃんととっている場所がおススメです。

それとこれは同業者として非常に心苦しいのですが、中には残念ながらあまり知識や腕のない施術家もおります。

うつぶせの首周りの施術時、枕の位置や固さ、施術する方の圧の入れ方が未熟だと、受けている時、目の周りや首が圧迫される感じになる時があるので、もし、そういう場合になったら、必ず目が辛い等伝えてください。

横向き、仰向けで施術を受ける様にするのもお勧めです。

視力は人間にとって大事なことですので、色々とお話させていただきました。

お役に立てれば、嬉しいです。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

整体サロンblueforestのご案内


 
HP:http://blueforest.info/

東京都新宿区高田馬場4-30-21ローズマンション101
営業時間:午前11:00~午後10:00(最終受付)
TEL 03-5937-3655


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら