若さに影響を与える!腎臓の働きと腎臓さすりで老化防止する方法

腎臓さすりで緑内障予防
 

腎臓と聞くと尿を作り出す器官というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

東洋医学において「腎」は若さを司ると考えられているのですが、腎臓はこの腎の働きに大きな影響を与えます。

腎臓は様々な機能を有しており、腎臓の機能が低下すると、腎の働きも衰え、老化が加速してしまうのです。
そこで今回は腎臓の機能を回復させる腎臓さすりの方法についてお伝えいたします。

 

腎臓の働きと老化

腎臓は握りこぶしくらいの大きさをし、腰周辺に左右対称に存在する臓器です。
腎臓は体の状態を正常に維持するために欠かせない臓器であり、老化を防止するためには腎臓の機能を正常に保つ事が必要不可欠です。

以下に示す通り、腎臓は想像以上に多岐にわたる働きを担っています。

・老廃物を除去する

腎臓は体のろ過器として働き、血液中に含まれている老廃物や毒素、余分な塩分などを尿として体外に排出します。
つまり、血液をきれいな状態にお掃除してくれるのが腎臓なのです。
腎臓の働きが衰えると、体内には毒素や老廃物が溜まり、老化が加速されます。

・血液を作る指示を出す

腎臓は血液をキレイにお掃除するだけではなく、血液自体を作る反応にも関わります。
血液は骨髄で作られますが、骨髄に「血液を作れ」という司令を出すのが、腎臓なのです。
腎臓の機能が低下すると、血液が上手く作れなくなり、貧血を起こします。

・体内の水分を調節する

腎臓が悪くなると、体がむくみます。
これは腎臓が、全身の水分代謝を調節しているためです。
腎臓はミネラルやイオンのバランスを調整し、体の水分量を正常に保つ役割を担っています。

・血圧を安定させる

上述したように腎臓は水分や塩分の量を調節する働きがあります。
実は腎臓は水分や塩分量を調整する事で、血圧を正常にコントロールしているのです。
そのため、腎機能が低下すると高血圧になりやすく、さらに高血圧が腎機能を低下させるという負の連鎖が生じてしまいます。
高血圧は血管の劣化を加速させ、老化の原因となります。

・健全な骨を作る

腎臓は骨の形成にも関与しています。
骨密度を高めるためにはカルシウムの吸収を促進する活性型ビタミンDが必要になります。
実は活性型ビタミンDは腎臓で作られているのです。
そのため、腎機能が低下すると、活性型ビタミンDが不足し、骨が脆くなってしまいます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

腎臓さすりの効果

腎臓は水分代謝を行う部位であるため、冷えに弱いという性質を持っています。
日頃から疲れやすさや体の冷え、むくみを感じている方は腎臓が弱っている可能性が高いと言えます。

そこで、腎臓の機能を回復させるのに有効となるのが、腎臓さすりです。

腎臓さすりでは冷えに弱い腎臓を温めてあげる事で、機能を回復させる効果があります。
また、腎臓さすりでは東洋医学で腎の働きを良くする腎兪(じんゆ)というツボを刺激する事もできます。

腎臓の機能が回復する事で、むくみや冷え症の改善、デトックス効果などが期待でき、さらには腎の巡りを整える事もできるのです。

 

腎臓さすりの方法と注意点

腎臓さすりでは、腎臓とともに「腎兪(じんゆ)」と呼ばれるツボに温熱刺激を与えます。

腎兪は、おへそから左右に3cm外側に移動したあたりにある腎の巡りを良くする2つのツボです。

・背骨を挟むように両手の平を腰に当てます。
・その状態のまま上下に両手の平を動かして、腎臓と腎兪を1分程度さすりましょう。
・腰が温かくなってきたら、そこからさらに10秒間さすり続けます。

腎臓さすりは、入浴中や入浴後にバスタオルなどで行っても効果が得られます。
仕事の合間に行うのではなく、就寝前や入浴後のリラックスタイムに行うようにしましょう。

また、腎臓さすりを行った後は、腎臓に負荷がかかるため運動や飲酒などの血行を促進する行為は控えるようにしてください。

 

緑内障社長の一言コメント

慢性的に腎臓が悪くなると、体の老化は一気に加速します。
腎臓の機能を維持するためにも、冷たい飲み物を控えるなど腎臓を冷やさない習慣を心掛けましょう。
腎臓さすりは簡単かつ効果のある方法ですので、むくみなどが気になる方はぜひリラックスタイムに取り入れてみては、いかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら