体を伸ばして血流改善!簡単に行える血管ストレッチ方法

血管ストレッチで緑内障対策
 

血流を促進するためには、血液をサラサラにするだけでは十分とは言えません。

健康的な血流を維持するためには、血管を若々しく保つ事も重要となります。

血管はゴムホースのようになっており、弾力性がありしなやかな状態だと血液をスムーズに流せます。
しかし、弾力がなくなって硬くなると、上手く血液を流せなくなるのです。

血管の弾力性を改善するのに効果的なのが、ストレッチです。
今回は、血管ストレッチの方法とその効果についてお伝えいたします。

 

ストレッチが血管によい理由

血管の柔軟性はコラーゲン繊維によってもたらされています。

しかし、加齢や糖質の多い食事をしているとコラーゲンに糖が結合し、柔軟性を喪失させます。

血管の弾力性を取り戻すには、新しいコラーゲンの生成を促し、古い糖化したコラーゲンと入れ替える必要があるのですが、ストレッチにはコラーゲンを作り出す線維芽細胞を活性化させる働きがあるのです。

また、ストレッチを行うと血管の内皮細胞が活性化し、血管を柔らかくしたり修復する一酸化窒素がたくさん分泌されるようになるんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

背伸びで血管ストレッチ

血管には、縦に伸ばすと柔らかく解れやすくなるという性質があります。
この性質を利用したストレッチが背伸びの血管ストレッチです。

・背筋を伸ばし、両足を肩幅に開いて真っ直ぐに立ちます。
・両方の手の平を指先まで開いて、体が一直線上になるように、両腕を上方に伸ばします。
・顎を引いて顔を正面に向け、足裏をしっかり床につけた状態でできる限り体を上へと伸ばしてください。
・この時、呼吸は止めないで、ゆっくり深く息をしましょう。
・30秒間伸ばしたら、腕を下ろして体の力を抜いてください。

 

前屈で血管ストレッチ

40歳以降の成人では、前屈の曲がり具合と血管年齢が相関すると報告されています。
つまり、中高年においては体が硬いほど、動脈硬化が進行している可能性が高いのです。

そこでおすすめの血管ストレッチが、太ももの裏側を伸ばす前屈です。
太ももには大きな血管が通っているため、効率よく血管を若返らせる事ができます。

・床に座り、左足を前方に伸ばします。
・右足は膝を曲げてあぐらを組んだ状態にするか、斜め前に伸ばしておきます。
・伸ばした左足のつま先を真っ直ぐ上に立て、この状態で体を前に倒していきます。
・筋肉の伸びを気持ちよく感じる程度のところで、30秒間静止してください。
・足を入れ替えて右足も同様に伸ばします。

 

血管ストレッチのポイント

血管ストレッチにはいくつかポイントがあります。

・ストレッチの効果を得るためには、筋肉を伸ばした状態を30秒以上キープする事が必要です。

・筋肉を伸ばす時は「気持ちよい」程度を目標にし、痛さを感じるほどのやり過ぎには注意しましょう(きつい運動はかえって血管の老化を加速させてしまいます)。

・コラーゲンの糖化は毎日生じます。健康な血管を維持するためには、毎日少しずつでもよいので、ストレッチを続けるようにしましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

ストレッチにより血管がしなやかになると、プラスの連鎖が起きて血液の状態がより良くなります。
筋肉への糖質の取り込みもスムーズになり、血糖値安定化にも効果が期待できます。
今回お伝えした血管ストレッチはとても簡単なので、ぜひ毎日続けてみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら