生活習慣病の予防に!冷凍えのきで血流を改善する方法

冷凍えのきで緑内障予防
 

健康を維持するために不可欠なのは血管の管理です。

健康的な血管を維持するためには、サラサラしたきれいな血液を維持する事が大切です。
しかし、揚げ物や肉類が多い食事をしていると血液内の脂肪やコレステロールが増加して、血液がドロドロになり、血管の老化が加速します。

そこで、活躍するのが冷凍えのきです。
えのきは手軽に手に入る上、健康効果の高い食材なんですよ。

今回は、冷凍えのきの効果や作り方、摂取方法についてお伝えいたします。

 

えのきに秘められた健康効果

えのきには「キノコキトサン」と呼ばれる物質が豊富に含有されています。
キノコキトサンとは、えのきから抽出された成分であり、β-グルカンやキトサンなどが含まれています。

実はこのキノコキトサンには、以下の通り、体脂肪を減らす作用が確認されています。

・体内に余剰した脂肪を絡め取って除去する
・リパーゼを阻害して血液中に脂肪が吸収されるのを防ぐ
・一緒に摂取した脂質の吸収を阻害する

さらにキノコキトサンには血中の中性脂肪や血糖値を低減させる働きもあるため、過剰な脂肪による血管の劣化を防止し、生活習慣病を予防する効果が期待できます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

冷凍する事で得られる効果

では、どうしてえのきをそのままではなく、一旦冷凍して摂取する事が推奨されているのでしょうか?

えのきの有効成分である、キノコキトサンは細胞壁の内側に閉じ込められています。
実は人間の体内には植物の細胞壁を分解する酵素がありません。
そのため、キノコキトサンを摂取するためには、事前に細胞壁を破壊しておく事が有効となるのです。

えのきは一旦冷凍する事で、細胞が膨張して細胞壁が壊れます。
つまり冷凍えのきは、キノコキトサンを効率よく摂取するための方法なのです。

 

冷凍えのきの作り方

一時期ブームになったえのき氷は、煮詰めたりミキサーにかけたりと作る事自体が難しいため、長続きしません。
一方で冷凍えのきは処理の仕方が簡単なため、面倒臭がりの方でも続けやすい方法となります。

冷凍えのきの作り方は以下の通りです。

・用意するのは、えのき200g、塩小さじ半分、酒大さじ1杯だけです。
・えのきをみじん切りにし、鍋またはフライパンにみじん切りしたえのきと酒、塩を投入して5分間煮ます。
・5分経過したら水気を飛ばし、火からおろして粗熱を取ってください。
・粗熱が取れたら、冷凍できる袋に入れ、平らに均等にならし、菜箸で4等分になるように真ん中に十字の筋目を入れておきます。
・そのまま冷凍したら完成です。
・4等分にした1個分が1日の摂取目安量となります。

 

冷凍えのきの摂取方法

キノコキトサンの効果を得るためには、えのきを1日あたり50~100g摂取する事が推奨されています。
先ほどご紹介した冷凍えのきは、すでに火が通っているため、そのまま自然解凍やレンジで解凍して食べる事ができます。

冷凍えのきの効果をより引き出すためには、キムチや納豆に混ぜて食べたり、水溶性食物繊維が豊富な海藻と和え物にして食べると相乗効果が期待でき、おすすめです。
また、肉類を食べる時や揚げ物を食べる時の副菜として出す事で、脂肪の吸収を抑えられます。

 

緑内障社長の一言コメント

冷凍えのきはキノコキトサンを効率よく摂取できる食べ方です。
作り置きしておけば、料理の時短にもなりますし、手軽に摂取する事ができます。
脂肪の吸収を防止する効果があるため、脂っこい食事を食べる際に、副菜として摂取するのもお勧めです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら