ゆっくり健康法で老化を防止する5つの方法を活かした緑内障予防法

ゆっくり健康法で老化を防止する5つの方法

リラックスして緑内障予防
 

緑内障の発症・進行確率は、老化と共に上がります

緑内障の発症・進行確率は加齢(老化)によって上がるため、老化防止を心がけたいところです。

老化防止に重要な役割を果たすのが、自律神経ですが、実は加齢に伴い副交感神経の働きが低下し、自律神経は乱れやすくなります。

つまり、老化防止のためには、副交感神経を活性化させる事が必要になるのです。

そこで、順天堂大学医学部の教授である小林弘幸先生によって提唱されているのが、「ゆっくり」健康法です。

今回は、ゆっくり健康法についてお伝えいたします。

自律神経の乱れは高眼圧にもつながりますので、ぜひお試しください。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. ゆっくりがなぜ老化防止に繋がるのか

人間は、焦りを感じたり、気持ちに余裕がない時、周囲の環境が良くない時や予期せぬ事が起こった時に、自律神経のバランスが崩れて交感神経だけが異常に活性化します。

それは、このような事態に陥った時に、人間は忙しさを感じて、呼吸が浅くなり、交感神経が高まってしまうからです。

副交感神経を高めて自律神経のバランスを整えるためには、「ゆっくり」を心掛けて、自然と深い呼吸が出来るようにする必要があるのです。

ゆっくりを心掛ける事で、作業の質が高まり、結果的に良いパフォーマンスを早く行えるようになるんですよ。

 

2. 日常に取り入れたい5つのゆっくり健康法

それでは、普段の生活で行えるゆっくり健康法をご紹介いたします。

 
・今の事だけ考える

気持ちが焦っている時は、不必要に未来の事まで考え、自分自身で不安を煽ってしまっています。

未来の事を考えるのは大切ですが、考えすぎると今しなくてもいい事に心が捕われ、頭はフル稼動状態となります。

忙しいと感じた時は、まず未来の事は忘れ、目の前の事だけに集中するようにしましょう。

すると意外にも、時間に余裕がある事に気付くことができますよ。

 
・靴を揃える

忙しくて部屋を掃除する暇がない、忙しくて靴も揃えられない、と急いていませんか?

使った物を元の場所に仕舞う、靴を揃えるという動作はほんの数秒でできます。

実際にほんの数秒も時間の余裕がない時などありません。

「忙しい」という気持ちに捕われすぎているだけなのです。

冷静さを取り戻すためにも、脱いだ靴を揃えるという習慣を身につけましょう。

 
・笑顔でゆっくりと話す

忙しいと表情も険しくなり、話し方も早口で荒々しくなります。

けれど、それでは情報伝達も上手くいかず、結果的に仕事の効率も落ちます。

どれだけ忙しくしていても、話す時は笑顔でゆっくりとした口調を心掛けましょう。

ゆっくりと会話するだけで、呼吸が深くなり、副交感神経が高まります。

 
・10分前行動を心掛ける

予期せぬ事態が起こって焦りを感じると、一気に自律神経は乱れます。

そうならないためにも、普段から10分前行動を心掛け、不測の事態が起こっても、慌てずに対応できるようにしましょう。

心にゆとりができる事で、副交感神経が高まります。

 
・前日までに準備をしておく

心に余裕を持たせるためにも、朝の身支度などは前日までに服や靴など準備をしておく習慣をつけましょう。

準備をしておく事で、ゆとりを持って行動できるようになり、副交感神経を高められます。

 

緑内障社長の一言コメント

「忙しい、忙しい」と感じている時ほど、ゆっくりを心掛ける事で、最終的には健康にも仕事にも嬉しい効果が得られるそうです。
忙しさは大抵自分自身で作り出した物であって、現実には自分が思っているよりも時間はあるとのこと。
今回ご紹介した方法は「忙しくて大変な」自分から抜け出すヒントになるので、ぜひお試しください。