【ストレスは眼圧を上げます】怒りから抜け出す方法

怒りから抜け出す!相手にイラッとしたときの対処方法

怒りから抜け出して緑内障予防
 

人と接しているとどうしてもイラッとしてしまうことがありますよね。

イラッとすることは何も悪いことではありません。
イライラも人間にとっては必要な感情だからです。

しかし、イラっとした状態が続くのは、人間関係にも悪影響を与えますし、何よりあなたにとってよくありません。

大切なのは、イラッと感じたときに怒りを手放すことです。

今回は、イラッと感じたときに怒りから抜け出すための対処方法をお伝えします。

 

イライラしている自分を優しく受け入れる

まず、イラっとしたときは、イライラしている自分を優しく受け入れてあげましょう。

・「こんなことでイライラしてしまった」
・「人間として未熟だ」
・「イライラしてはいけない」

と思っていると、相手への苛立ちに自分への怒りが合わさって怒りのボルテージが高まります。

怒りを手放すためには、自分のイライラと向き合い、「私は今イライラしてて大変なんだな」と優しく自分をいたわりましょう。

すると、受け入れられた怒りは小さくおさまっていくんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

環境を変えてイライラから目線をそらす

イラッとするのにもレベルがあります。

あまりにも強い苛立ちを感じたときは、環境を変えるといいですよ。

・イライラした相手が近くにいる場合は、自分が別の場所に移動して離れる。
・トイレに行く
・散歩に出かける
・家事をする
・運動やストレッチをする

など、体の動きを伴うとより効果的です。

体を動かしたり環境を変えたりすると、目の前のイライラから目線をそらすことができます。

すると、気分が変わって、イライラのレベルを下げることができるのです。

怒りにずっと向き合っていると、怒りが増幅して手に負えなくなってしまうんですよ。

 

イライラの原因を掘り下げる

苛立ちのレベルがおさまり、少し冷静さを取り戻したら、原因探しをしましょう。

できれば、紙とペンを用意して、書きながら整理していくと効果的です。

「どうして自分は今イラッとしているのか」「相手の言動でどうして怒りを感じたのか」と掘り下げていきましょう。

自分の苛立ちの本当の原因が分かると、案外簡単に「どうしてそんなことでイラッとしたんだろう」と怒りから抜け出すことができるんですよ。

 

被害者から抜け出す

イラッとしてしまうのは、自分が相手の言動によって被害者になってしまうからです。
怒りから抜け出すためには、自分が被害者にならなければいいのです。

実は自分を被害者にしているのは、自分自身です。
相手の言動や出来事に対して、「自分が傷つけられた」と感じるから苛立ちます。

イラッとしたときは「相手には何か事情でもあるのかな」「これがこの人のコミュニケーションなのかもしれない」と相手と自分の領域に線引きしましょう。

すると、被害者から抜け出すことができるため、苛立ちもおさまってきます。

 

確定診断をしない

苛立ちに対処するためには、確定診断をくださないことも大切です。

・「あいつは絶対わざとやった」
・「私に嫌がらせをしようとしたんだ」

と確定診断してしまうと、イライラが増幅します。

「別の理由があるかもしれない」というように疑う余地を残しておくと、あなたも怒る必要はないですよね。

イラッとしたときは、確定診断せずに疑う余地を残して、自分の逃げ道を作ってあげましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

イラッとしたときは、まず怒りのボルテージを下げるために、環境を変えたり体を動かしたりして、怒りから目をそらすといいとのこと。
そして、相手と自分との間に線引きすることで、イライラの最中にいる自分をそっと救い出してあげることができるそうです。
イラッとしたときに怒りにばかり意識を向けていると、苛立ちが増してしまうので、気をつけたいですね。

参考
「怒り」がスーッと消える本 水島広子