【循環改善で緑内障対策】腸ゆらしで便秘を解消する方法

日本人に多いねじれ腸に効果的!腸ゆらしで便秘を解消する方法

腸ゆらしで緑内障予防
 

体の循環をよくするためには、腸内環境を改善することが大切です。

腸内環境を改善するためには、便秘を解消する必要がありますが、便秘の原因の一つとして考えられているのが、ねじれ腸です。

ねじれ腸は日本人に多く、腹痛を伴う便秘を引き起こしやすくします。
ねじれ腸が原因の便秘を解消するには、腸ゆらしが有効です。

そこで今回は、ねじれ腸とは何なのか、腸ゆらしの方法や効果とともにお伝えします。

 

ねじれ腸とは?

ねじれ腸とは、腸が正常な形をしておらず、大腸の一部が曲がったりねじれている状態を指します。

腸の曲がり方やねじれ方は様々で、人によって異なります。
腸が長い日本人はなんと8割もの方がねじれ腸であるとも言われているんですよ。

腸が曲がったりねじれたりしていることで、腸が正常に動いても便がつっかえて排出しにくくなり、便秘の原因になります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ねじれ腸のチェックリスト

ねじれ腸の人には、いくつか共通点があります。
まずは、以下のチェックリストを利用して自分がねじれ腸かどうかを調べてみましょう。

・幼少期から便秘だった
・便秘に腹痛を伴う
・便秘の後に下痢になったり軟便になったりする
・運動量が減るとすぐに便秘になりやすい

上記の項目に2つ以上当てはまる方は、ねじれ腸の可能性があります。

特に便秘に腹痛が伴う場合、「腸は動いているのに便が排出できない」という状態が予想されます。

 

腸ゆらしの効果

ねじれ腸からくる便秘の解消に効果的な方法が、腸ゆらしです。

ねじれ腸が原因の便秘は、便が腸のねじれている部分や曲がっている部分で引っ掛かって出てこれない状態です。

腸をゆらして便が引っ掛かっている部分をほぐしてあげることで、便を出しやすくできるのです。

 

腸ゆらしの方法

今回は、ねじれ腸からくる便秘改善に効果的な下行結腸ゆらしとS字結腸ゆらしの方法をお伝えします。

 

下行結腸ゆらし

・お尻の下にクッションを敷いて、仰向けで寝ます。
・足は膝を立てて、肩幅に開いてください。
・左手は左脇腹に添え、右手はおへその左側に添えます。
・指を伸ばした状態で親指以外の指で、腸をゆらすようなイメージで左右交互に押します。
・両手の位置を少しずつずらしながら、腸を1分程度ゆらします。
・ゆらす位置は、骨盤から肋骨の下までの間で上下に移動してください。

 

S字結腸ゆらし

・次にS字結腸をゆらしていきます。
・同様にお尻にクッションを敷いて、仰向けで寝ます。
・足は膝を立てて、肩幅に開いてください。
・両手はおへそを中央に挟むようにして、左右の手の間を10cmほど離します。
・先ほどと同様に、親指以外の指で左右交互に腸をゆらすように押します。
・両手を上下に少しずつ移動させながら、おへそから恥骨のあたりまでの範囲を1分間ゆらします。

 

緑内障社長の一言コメント

チェックリストに2個以上当てはまった方はねじれ腸の可能性があるため、便秘になったときは腸ゆらしを行うと効果が期待できます。
しかし、ひどい腹痛や血便などの症状がある場合は、腸ゆらしを行う前に病院への受診をお勧めいたします。
腸ゆらしは、寝る前や朝起きたときなど、継続して行うことで効果が得られるとのこと、ぜひお試しください。

参考
クロワッサン
久里浜医療センター