【老化防止で緑内障予防】レモン酢の相乗効果で老化を抑制

美味しく健康!レモン酢で体の老化を防止する方法

レモン酢で緑内障予防
 

体の老化を防止するためには「代謝を活性化させること」「活性酸素を減らすこと」「血管を若く保つこと」が大切です。

これらに効果があると注目されている食品が「レモン酢」です。
レモンと酢を一緒に摂取することで、老化防止に相乗効果が期待できます。

そこで今回は、レモン酢の効果や作り方、摂取方法などについてお伝えします。

 

レモン酢とは

レモン酢とは、健康目的のためにお酢の中にレモンを漬け込んだ食品のことを指します。

お酢を飲むだけではなく、漬け込んだレモンも一緒に摂取するとより効果を得ることができます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

レモン酢の効果

レモン酢を摂取することで、レモンの健康効果と酢の健康効果の両方を一気に得ることができます。

また、レモンとお酢は抗酸化作用や脂肪低減効果、血流改善効果など似通った働きを持つため、一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

特にレモン酢には、以下の効果が期待できます。

・ポリフェノールとビタミンCによる活性酸素除去効果
・血管拡張効果
・血液サラサラ効果
・血管の劣化防止および若返り効果
・代謝の活性化
・過酸化脂質低減による動脈硬化の予防
・カルシウムの吸収促進
・血糖値の上昇抑制

特に、「代謝の活性化」「血管の老化防止」「活性酸素の除去」の3つは老化防止には欠かせない働きです。

 

レモン酢の作り方

レモン酢は短時間で簡単に作ることができます。
用意するものは、以下の通りです。

・煮沸消毒した耐熱の保存ビン
・国産のレモン2個
・お酢(りんご酢がおすすめ)400ml
・はちみつ60gまたは氷砂糖200g

作り方は、次の通りです。

・レモンをお湯でしっかりと洗い、水気を拭き取ります。
・5mm~1cm程度の幅でレモンを輪切りにする。
・輪切りにしたレモンとお酢、はみちつ(または氷砂糖)を全て保存ビンに入れます。
・蓋をせずに電子レンジで600w30秒加熱し、蓋を閉めて常温で一晩(12時間程度)放置すれば完成です。
・はみちつを使用することでビタミンB群を補強して、代謝活性化効果をアップすることができます。

 

レモン酢の飲み方

レモン酢は、1日あたり大さじ1~2杯を食後に飲みます。

飲むときは、お水や紅茶で割ったり、牛乳で割ってスイーツ感覚で飲んでも美味しいです。

サラダのドレッシングなど料理に活用することもできますよ。

空腹時に飲むと、胃腸を傷める危険があるので注意してください。

 

緑内障社長の一言コメント

レモン酢は1日で作ることができるので、比較的始めやすい健康法です。
レモンは農薬などの心配があるため、皮ごと使うときは国産のものを使用し、外国産のものを使用するときは皮を取り除いてから使用するといいようです。
レモン酢は血圧の改善や血糖値の上昇抑制などにも効果が期待できるので、体の老化や肥満などが気になる方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考
マイコム株式会社
MBS サタデープラス