老化防止に!背中呼吸法で腸腰筋を鍛える方法

背中呼吸法で緑内障対策
 

「酸素を取り入れて細胞にまで届ける」呼吸は、生きるためには欠かせないものです。

心身を健康に保ち、老化を防止するためには、この無意識に行っている呼吸を見直すことも大切です。

呼吸はただ酸素を取り入れるだけではなく、普段鍛えにくいインナーマッスルの強化にも効果的です。

そこで今回は、インナーマッスルの一つであり、老化とも深く関係する腸腰筋を鍛えられる背中呼吸法についてお伝えします。

 

浅い呼吸は老化を加速させる

ストレスなどにさらされていると、浅い呼吸になり、肺の一部でだけ空気を出し入れする状態になります。

すると、体の隅々にまでしっかり酸素を届けられなくなり、イライラや疲労の蓄積、代謝の低下など心身に不調をきたすようになります。

さらに、呼吸は運動でもあるため、浅い呼吸をしていると呼吸に関連するインナーマッスルの衰えが加速して、老化が進んでしまいます。

老化を防止するためには、インナーマッスルをしっかり使って深く呼吸をすることが大切なのです。

深く呼吸をすることで、自律神経も整えることができるんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

呼吸と深く関わる腸腰筋

呼吸で使う筋肉といえば、上半身の筋肉をイメージしますよね。

しかし、呼吸には足の筋肉も深く関与しています。
特に注目したい筋肉が、上半身と下半身を繋ぐ腸腰筋です。

腸腰筋は、大腰筋などから構成されている筋肉であり、骨盤の傾きや太ももを上げる動きに関わります。

腸腰筋は体を支えるインナーマッスルとして働いているため、腸腰筋が衰えると姿勢が崩れたり、内臓機能が低下して老化が加速します。

実は、大腰筋は呼吸で動く横隔膜と連動しています。
つまり、呼吸によって腸腰筋を鍛えることが可能なのです。

 

背中呼吸法は呼吸を深くし腸腰筋も鍛える

呼吸を深くする方法の一つに、背中呼吸法があります。

背中呼吸法では、呼吸筋をしっかり動かして背中にまで空気を届けることができます。

さらに、連動して腸腰筋も鍛えられるため、体の老化防止にも効果的な呼吸法なのです。

 

背中呼吸法のやり方

背中呼吸法のやり方はとても簡単です。

イスに座って行えるため、家事やオフィスワークの隙間時間に取り入れることができますよ。

方法は以下の通りです。

・机を前にして、イスに深く座ります。
・肛門をイスの奥にぴったりとつけるようなイメージで、背中を真っ直ぐ背もたれにつけて座ってください。
・背筋を真っ直ぐに伸ばし、両肘をピンと伸ばして両腕を肩の高さで床と平行になるように伸ばします。
・手の平は床側に向けます。
・その状態のまま上半身を前に倒していき、手の平を机についてください
・机を使って、腕立て伏せをするようなイメージです。
・このとき、肘は直角のままで上半身は45度に傾いた状態になります。
・姿勢を維持したまま、口で大きく息を1回吐きます。
・足の裏と内ももに力を込めてください。
・状態をキープしたまま、鼻から大きく息を吸って、ゆっくりと呼吸を3~5回行いましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

呼吸を深く行うことは、加齢によって衰えやすいインナーマッスルを鍛えることにも繋がります。
今回は、太ももの運動や骨盤の傾きに重要な役割を果たしている腸腰筋を鍛えられる背中呼吸法をご紹介しました。
家事やオフィスワークの合間に取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考
クロワッサン
日経Gooday
日経Style


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら